トリプルドラムとサンプラーとシーケンサーの反復音の嵐。踊らせるのを拒否しているかのようにけいれんのように打ち鳴らされる高速ドラム。リズムはあってもメロディは不在。けれどもなぜか爽快感があって、心地よい。V∞REDOMSが奏でていた音楽は、そんな音でした。