« March 2005 | Main | May 2005 »

April 27, 2005

おうまさん

かわいいよお!!!(1) 仕事で乗馬を見てきた。目がくりくりしていて、とってもつぶら。おとなしいし、人のいうこともちゃんと聞く。心が洗われる~。年中寝てばかりで飼い主の命令をちっともきかない我が愛犬ラグとは大ちがいだ。

 乗馬というとただ座っているだけのように見えるが、四肢を踏ん張ってバランスをとり続けなくてはいけないので運動量は水泳なみだとか。脚の内側にグッと力を入れて締め付けると前に進み、手綱を引きと止まる。ムチも使っていたが、競馬のようにおしりをひたすらビシビシ叩きまくるのではなく、胸のあたりをペシッと軽く打つだけなのだそうだ。

 また、聞くところによると馬で公道を走っても大丈夫らしい。道交法では自転車と同じ扱いなのだそうだ(本当だろうか?)。でも、駐輪場に馬がいたら焦るよなあ。

(2) 犯罪容疑者のDNAがデータベース化されるそうだ。住所や名前どころかその人物を絶対的に決定づける要素が、犯罪が確定しなくても、あくまでも「容疑」段階で国家権力に握られてしまうわけだ。犯罪者どころか「疑わしい奴」なら何をやってもいいという、世間的な雰囲気がいつの間にやらできあがっていることが怖い。

| | TrackBack (0)

April 26, 2005

ディスクガイド・ガイド

 ディスクガイド・ガイド、ようやく「ジャンル別」をアップロード。毎度のことながら文章はすぐに書けても体裁を整えるのにとても時間がかかってしまう。もうちょっと構成の自由度が増せばブログに全部移行するのだけど、あの程度のレイアウトでもブログじゃうまくできないしなあ。

 次回はアーティスト別カタログについてです。

| | TrackBack (1)

April 25, 2005

思うところあって

今回からトラックバックを受け付けるようにして、RSS/Atom配信も可能にしました。
コメントはこちらの掲示板でお願いします。

でも設定変更が反映されていないような……。

| | TrackBack (0)

April 21, 2005

ビールテイスト飲料戦国時代

 ついにアサヒからもビールもどき飲料が出た。サッポロが『ドラフトワン』を出したときはさも興味なさげな態度を取っていたのに、ちゃっかり商品の開発は進めていたのだ。それが企業ってものさ、といえばそれでおしまいだが。肝心の味だが、個性を出すことを意識しすぎたのか雑味があって、正直すっきり味のドラフトワンに劣ると思う。

 そういうわけで、近いうちにサッポロ、麒麟、アサヒ(気が向いたらサントリーも)のビールテイスト飲料バトルロワイヤルをやります。休みの日の前日に。このところ発泡酒500cc1本飲んだ後にビールテイスト飲料500cc1本を飲むパターンが定番になってしまった。確実に酒量は増えている……。

|

April 20, 2005

先に進まん

(1)
 ディスクガイド・ガイド、仕事から帰宅後、更新しようと思ってパソコンに向かい、カタログ片手に書き始めるのだが、そのうちカタログを読むことに夢中になってしまって、結局眠くなって床についてしまうということをもう何回も繰り返している(結局1日100字も書き進められない)。部屋の片づけをしていてもたまたま手に取った雑誌に見入ってしまうこともよくある。ちっとも進歩しない自分はアホだ。

(2)
 BECKの"GUERO"とブッチャーズの新譜を手に入れた。"GUERO"は『オディレイ』からアクを抜いてジャジーに仕上げましたという感じで、あまり代わり映えこそしないが、出来は良い。フジが楽しみだ。ブッチャーズはここ数年のリリースラッシュからして勢いのある内容が想像できたが、じっさいかなり弾けている。メロディのインパクトは『birdy』に劣るかも知れないがテンションが尋常じゃない。奈良美智(字はこれで合っているのかな?)のジャケはいいけどちょっとかわいすぎる?中身はシャウトにギター歪みまくりです。これまた6月のライヴが楽しみ。

(3)
 あさってに早川義夫さんのライヴが名古屋の今池である。まだチケットは買っていないが、できたら行くつもり。でもここんところ忙しさがぶり返してきたから微妙。CD、ライヴ共に去年よりもはるかに充実している。クルマを手放した甲斐があるというものだ。でも、実はものすごく欲しいクルマがあるのだけれど……。

|

April 19, 2005

アメリ缶

IMG_4817小林克也を目撃した。この人、見た目ではぜんぜん歳をとっていない感じだ。アメリカンな英語しゃべりまくりでウエストコーストなDJスタイルがザッツ・オール・ライト。

|

April 16, 2005

高田渡さんが亡くなられたそうです。
ご冥福をお祈りします。

|

April 12, 2005

青春時代

(1)大枚はたいてシンバルズの『ビデオアンソロジー』を買ってしまった。

 風呂に入ってから見るつもりだったが「さわりだけでも」と思って見始めたのが運の尽き。結局最後までつきあってしまい、いつのまにやら真夜中に。あまり映画とかよく見ないわたしがここまで映像作品に引き込まれるのもめずらしい、かも。

 何がいいって、おしゃれなんよ!
 映像自体の出来(特に初期)そのものは、正直言って学生作品の延長みたいなもので、「洗練」とはほど遠いのだけれど、そのみずみずしさと弾けっぷりがまた良い。わたしが一番多感だった時代に「かっこいい」とか「おしゃれ」とか感じていたものを、彼(女)らはそのまま体現していたのだ。すごく懐かしくて、ちょっとうらやましくて、ほんのすこしせつなくて、わくわくしながら見入ってしまった。

 前期のポップ・パンク、中期のテクノ、後期のジャズと、後になればなるほどボーカルの表情は増していくけど、わたしとしてはやっぱり元気の良い前期が好み。

 ピチカートファイブはあのあざとさが好きになれなかったのに、シンバルズはすんなりと受け入れられるというのが不思議。彼(女)らには最後まで土臭さというか、洗練を排する傾向があったからかも。それにしても、土岐さんは昔も今もお美しいですね。

(2)口内炎が唇の内側2カ所と舌2カ所に同時発生して、痛いったらありゃしない。できて一週間も経つのに、治る気配もない。何を食っても飲んでもしゃべっても痛いので、おかげで食欲は急激に減退。体重も減少。

(3)クロスビートの『ディスクガイド2005』をようやく手に入れた。前回の『ディスクガイド2001』とは全くページ数は同じだがアーティストの入れ変えが多少あった模様。

 ここ数年のシーンを反映してか、リンキン・パークとかグッド・シャーロットなどのヘヴィ・ロック勢が充実したいっぽうで、ポウジーズとかコーナーショップとかマッドハニー(!)とかの個性派ロック・バンドが無惨にも削除されていた。いわゆる「ロック」のメインストリームに純化したとも言えそうだが、せっかくあるものを消すとはいかがなものか。200円高くなってもいいから、前号の分をそのまま残したうえで追加アーティストを入れて欲しかった。

 この本については、『ディスクガイド・ガイド』で詳しく取り上げる予定。長々とすんません。

|

April 10, 2005

地味に更新中

 ディスクガイド・ガイドを更新中です。ほんとはまとめて全部載せたいのですが、まとめて書ける時間もなく、あまりに長い文章は読んでもらいにくそうなので、きりの良いところで少しずつ更新していきます。

 ひとりで把握できることは限られていますので、面白いディスクガイドがありましたら教えてくださいね。

|

April 02, 2005

5周年!

IMG_2533 4月1日で、このホームページ開設から丸5年が経ちました!いやあ、めでたいめでたい。この5年はほんとうにあっという間でした。実に月並みな表現ですが。

 立ち上げたときはまだ22歳で学生でしたからね。歳もとるわけです。あと5年経ったら32!三十路ですよミソジ!しんじらんね~。これからも適当にがんばっていこうと思いますので、末永くよろしくおねがいします。ちょっと更新が滞っていますけれども、少しずつですが載せるためのテキストはつくっていますのでもう少々お待ちください。

 右は今日行ってきた万博の画像。

|

« March 2005 | Main | May 2005 »