« bloodthirsty butchers | Main | やっとこさ »

June 12, 2005

bloodthirsty butchers (2)

 かなりマニアックなレポートになってしまった。

 会場は客の入りは6割くらいで、前回と同じ程度。子連れもいた前回と比べると若い人が多いように思った。男7割、女3割といった感じ。開演前、隣に立っていた大学生の先輩と後輩と思しき男の子2人が、ハイスタとかハスキング・ビーの話で盛り上がっていてなかなか楽しそうだ。音楽談義できる友達がいてよかったね。

 開演前に流れていたSEは田淵ひさ子のバンド、toddle(だと思う。聴き覚えのある曲がいくつかあったので……)。客電が落ち、メンバー登場。オトコ3人は髪を短く刈り、おそろいの"DRUM"Tシャツを着ていた。なんかワイルド。

 曲順はもうほとんど忘れてしまった。『未完成』からの"プールサイド"もあったが、それ以外は本編はほとんど新譜"Banging the Drum"と+/-とのスプリットからの曲だったと思う。

 とにかくギター音がバカデカい。4人になったらますます音がでかくなって、最近はブッチャーズのライヴに行くたびに一時的に耳が難聴状態になってしまう。だが、溢れかえるギターフィードバックの奔流に脳が洗われる感覚はライブでしか味わえないカタルシス。CDで聴く以上にハードコアに聞こえて、個人的にはひたすら疾走する"サンサン"と"maruzen house"には鳥肌が立った。

 アンコールは多分"ジャック・ニコルソン"と"402"(たたみかける展開と咆哮が凄まじい!)、"ファウスト"、そして最後に"7月"。とくに"7月"は一度ライブで聴いてみたかった曲だったので、ついに念願かなった。あまりの音圧に頭はクラクラ。べつに激しく暴れたわけでもないのに、テンションが高すぎてライブ後はほんとうにクタクタになった。

 また夏フェスに出てくれないかなあ。

|

« bloodthirsty butchers | Main | やっとこさ »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference bloodthirsty butchers (2):

« bloodthirsty butchers | Main | やっとこさ »