« やっとこさ | Main | "Glastonbury Anthems" »

June 17, 2005

バッティング・センター

 先日、バッティング・センターに行ってきた。何年ぶりだろうか。古い建物で、設備も正直言ってボロく、マシンもかなり年季が入っていた。が、コントロールは思いのほか正確だった。タイミングも取りやすい。

 年齢と共に確実に体力は落ちているはずだが、昔取ったナントカのおかげか、それともマシンのコントロールのおかげか、思っていたよりもけっこう打てた。

 しかし、4回ほどやったところでいつの間にやら左手にできていた豆がつぶれてしまっていた。無我夢中でやっていたら豆ができていたのも気づかなかったのだ。その時はぜんぜん痛くなかったが、帰ってから風呂にはいると浸みること浸みること。手の皮は厚い分だけ破れたときは内側の肉がむき出しになって非常に痛い。手のひらを開いたり閉じたりするだけでズキズキするのだ。

 とはいうものの、ウン年前には何度も経験したものだった。なんだか懐かしい痛み。身体を動かす機会がとても増えたのは良いことだ。

|

« やっとこさ | Main | "Glastonbury Anthems" »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference バッティング・センター:

« やっとこさ | Main | "Glastonbury Anthems" »