« 何か書かなくちゃ | Main | 宴 »

July 16, 2005

エリオット・スミス

 このごろエリオット・スミスの『XO』をよく聴いている。コステロにちょっと声が似ているけど、弾けるようなポップさはない。でも切なさというか陰鬱としたメロディはものすごくキャッチーでとても気持ちいい。ひたすら内省的かつ感動的に美しい音風景は、ジメジメした梅雨の季節にぴったり。つくづく自殺してしまったことがもったいない。これだけ内にこもると死にたくなる心境になるのだろうか。

 湿っぽいと言えば、レイ・ハラカミの『Lust』もそうなのだが、言ってみればこちらは雨ではなくて水。しとしと・じめじめと言う感じではなく、葉っぱに弾ける水のように、どこまでも澄んだ透明感のなかに温かみもというか生気を感じる。ガツガツという感じではないが、力の抜けた感じの中のポジティブなのだ。

|

« 何か書かなくちゃ | Main | 宴 »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference エリオット・スミス:

« 何か書かなくちゃ | Main | 宴 »