« そして誰もいなくなった | Main | 秋らしく »

September 28, 2005

くたびれた

(1)
5年半・2万ヒットを期に、思い切ってサーバ移行を図ろうと思い、いろいろといじっていたが、コンテンツの量が膨大すぎてどうにもならん。移行のための労力と時間を考えるとこんなこと意地でやるのもバカらしくなったので、けっきょく元に戻した。なにやってんだか。そういうわけで、これからもいままで通りにやります。

(2)
今日は大変な一日だった。今日締め切りの仕事があるため、早めに東京での用事を切り上げようとがんばって早起きして実家を出、訪問先である六本木(ひゃ~すごい)に向かう。10時ころ、訪問先のビルの前で念のため到着前の電話を入れると、なんとまだ担当者が出社していないという。それを聞いた瞬間、頭がクラクラした。なんだそりゃ~。その担当者は午後2時になってから来るという。う~ん、前もって確認しておくべきだった。どうもここ最近調子が悪い。運の悪さと自分のミスがスパイラルしている。

 とりあえず気を取り直して、この4時間をどうするか、フラフラ歩きながら考えた。

 パソコンやら服やら書類やらといろいろ重い荷物を抱えていたので、あまり動きたくなかったが、周辺はエグゼクティブが集う六本木の高層オフィス街。まぶしすぎるよ~。そしてチェックのシャツにリュックを背負い、ウエストバッグに手提げ鞄と、電車男もかくやと言わんばかりのダサダサルックの自分。おまけに睡眠不足と体調不良で憔悴しきった表情があまりにアホっぽい。とはいうものの、この程度でへこたれる自分ではない。もはや誰になんと思われようと関係ねえや。このカッコでアークヒルズを闊歩だ!

 と、心を強く持とうと思ったがさすがにいたたまれなくなったので、しかたなく市ヶ谷にある母校へ行くことにした。卒業式が始まる前に就職してしまったわたしは、早々に名古屋へ移ってしまったので修了証明書を受け取っていなかった。それをもらおうと事務へ足を運んだら発行に1時間ほどかかるという。また時間つぶしを捜さなくちゃ。

 仕方ないので、入り口ロビーにあるイスに座り仕事の下調べをすることにした。電源がないのでパソコンが使えず紙とペンを用意。だが、思い浮かぶ言葉や表現は断片ばかりで、ちっとも紙にまとまらないし、字はへたくそで小学生の落書きのようだ。本当にパソコンがないと文章を書けない頭脳になりつつあることを実感した。それからメールをチェックしたり、本を読んだり、ぼーっとしたり、コーラを飲んだり、寝たふりなどしながらどうにかこうにか時間をつぶす。そして時計を見ると、午後1時半。よし。修了証明書もうけとって、いざ六本木心中(古い)。

 用事というのは試乗車のピックアップ。借り出してクルマを走らせ始めたのが午後2時半。あとは首都高・東名をノンストップでぶっ飛ばし、午後5時半過ぎに名古屋についた。比較的道が空いていたのと、快適なクルマで助かった。予習の甲斐あって、原稿は出来はともかくとして思っていたより早く完成。そのおかげでいま、この一日の出来事が書けているというわけだ。

 他にも、久しぶりに古着屋に行ったこととか、久しぶりに会った愛犬ラグはやっぱり可愛かった話とか、担当の美容師さんがやめちゃう話とか、ばあちゃんがほんとうに死にそうな話とか、暗い話など、書こうと思ったことはいろいろあるけど無用に長くなったので今日はここまで~。

|

« そして誰もいなくなった | Main | 秋らしく »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference くたびれた:

« そして誰もいなくなった | Main | 秋らしく »