« いつまでたっても涼しくならない | Main | くたびれた »

September 26, 2005

そして誰もいなくなった

 何年もかけて築きあげてきたものでも、なくなるときは一瞬だ。

blue 名古屋から東京へ、クルマを運んでいる途中、渋谷駅のところで左折しようと思いウインカーを出して曲がろうとしたそこはバスのロータリーで進入禁止の表示が。で、どこで曲がるのかわからぬまま、ウインカーを点滅しつつ直進してしまったその先に、、、警官が立っていた。「進行方向別指定通行区分に従わない通行帯通行」という理由でご用に。写真は違反したときにありがたく頂戴した違反キップ。1点減点・反則金は6000円也。金欠の時期にこの額はあまりにも痛すぎる。CD3枚買えるよ~!

 免許取得してから無事故無違反を続けてきたけれど、それも今日まで。こんなしょうもない理由で捕まえる警察への怒りは正直いってなくはないが、それよりもこんなしょうもないことで捕まる自分の情けなさばかりが残った。今日はほかにもそういうことがいろいろあって、みじめな気分になった一日だった。

 あしたは某輸入車ブランドのクルマを借りて名古屋に戻るが、ダメなときはダメなことが続くもの。後悔しても仕方がない。こういうときこそ前向きに、そして慎重にいかなくては。

 今日は実家で久しぶりにラグに再会。明日かあさってにでも「愛犬溺愛日記」を更新しようと思います。

|

« いつまでたっても涼しくならない | Main | くたびれた »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference そして誰もいなくなった:

« いつまでたっても涼しくならない | Main | くたびれた »