« ビンテージ・サンバースト | Main | アゲイン »

February 21, 2006

レッツ・ロック

 おとといの日記。

 営業まわりのあと夜までだらだらと原稿を書く。日曜は電話もなく静かだから能率が良い。そのあと、名古屋シネマテークのジョー・ストラマー&メスカレロス主演の『レッツ・ロック・アゲイン』をレイトショーで見てきた。

 シネマテークに行ったのはじつに2年ぶり。あいかわらず古くさく、はっきり言ってボロい。前の方とか座布団だし……。『ノー・ディレクション・ホーム』を見たイメージフォーラムとは音響・スクリーン・シートすべてに差がありすぎる。だがこれはこれでシネマテークの独特の味でもあるので、べつにどうってことない。映画の善し悪しを決めるのはハコではなくて作品の中身だ。……そう思わないとシネマテークには行けない。

 そんなことはおいていて『レッツ・ロック・アゲイン』。あるアーティストを追った記録映画というと、どうしてもこの前見た『ノー・ディレクション・ホーム』と比較の上で語らざるを得ない。結論からいうと、それと比べると面白さでは確実に劣る。ジョー・ストラマーひとりの語りで終始しているのは決して悪くはない。制作の側が意図的に他人の声を排したのだろう。でもそれを承知の上であえていうが、やっぱりミック・ジョーンズとかポール・シムノンとか、さらに朝霧JAMの映像を入れるのならSMASHの日高さんとか、そういった関係者の声も聞いてみたかったというのが正直なところ。

 書きたいことはまだあるけど時間がないのでこの続きはまた明日。

|

« ビンテージ・サンバースト | Main | アゲイン »