« ひるさくら | Main | スッシくいね~ »

April 09, 2006

"Touch the Sound"

Touchthesound ひと月ぶりにシネマテーク『タッチ・ザ・サウンド』。聴覚に障害を持つパーカッショニストのエヴリン・グレニーが、アメリカ~ドイツ~日本の各地で演奏旅行?をする話。映像の視点は常に低く、そして近い。

 クライマックス、エヴリンが故郷スコットランドに帰って兄と再会するシーンに続いて、レコーディングの風景に切り替わる。フレッド・フリスのギターとエヴリンの木琴だけなのに、そこから背筋がぞくっとするほど美しいサウンドスケープが広がる。いままで全く聴いたことがないような音なのに、感動的に美しい調べ。そこにダイアゴナルな映像やスコットランドの風景が交差して異次元に飛び込んだような感覚におちいった。名言・至言は数知れず。メモしたけど、やっぱり陳腐になるので書きません……。

 音楽の世界も面白いが、そこに映像が絡むと世界が一気に広がる。もちろん作り手の力量にもよるが……。

 せっかくのこの感動も、数日後には忘れてしまっているのだろう。人間の記憶ってなんて憎たらしいんだ! おかけでイヤなこともすぐに忘れてしまえるわけだけれど。

|

« ひるさくら | Main | スッシくいね~ »