« 『「あたりまえ」を疑う社会学』 | Main | 秘密のレシピ »

August 30, 2006

一週間

 自転車で転んでから一週間がたつ。肘にひどく内出血していた血を病院で抜いてもらってからは痛みはだいぶ引いたのだけれど、鈍痛がずっと続いていて、治っている感じがしない。歳のせいかな…。あれから自転車もたまに乗っているが、ハンドルが曲がってしまい、こちらも直そうと思っていろいろやってみたが治りそうもない。

 1年前はあんなにきれいだったプジョーの自転車。クルマにはねられ、自分ですっころんでいればそりゃあぼろぼろにもなる。Pandaのように愛情を注いで大事にしていれば、きっとピカピカの状態を保っていられるとは思うのだけれど…。やはり「足」以上のものではないからなあ。実家に帰ったら自転車に乗ることはほとんどなくなるだろう。新しい職場は楽しみだけれど、町田から新宿へのバス&電車通勤は予備校時代を思い出してしまう。懐かしくて、甘酸っぱくて、そして憂鬱。

|

« 『「あたりまえ」を疑う社会学』 | Main | 秘密のレシピ »