« 眠れね~ | Main | いましめ »

August 21, 2006

ころんだ

 自転車で転んだ。ケータイを見ながらフラフラ走っている自転車が信号を無視して横断してきたのをよけきれずに派手に転んだ。信号待ちのクルマからけっこう見られていたはずで、かなり痛かったのだけど、何ともないようなふうに普通に立ち上がり、自転車を漕いだ。転んだときに右肘をアスファルトに強打してしまい、擦り傷もさることながら動かすとしびれたように痛い。家に帰って、とりあえず、たまたま飲み残していたビールで消毒。傷も病気もまったく想定していないので、クスリの類は一切置いていないから…。

 自分の意志に反して動くものを予測してそれに対処するというのはとてもむずかしい。今回も、ケータイを見ていた若者はいったんチラとこっちを見たので、それで、止まるか急いで前に進むものだとこっちが勝手に思ってしまった。よけた方向に相手が進むことまで予測すべきだったのかもしれない。過失責任を客観的に見れば、信号無視をしてきた相手側が7~8割は悪いはずなのだから、転んだ後に怒りにまかせて「どこ見てんだ、バッキャロ~!!!!!!」と罵倒することもできたけど、妙に冷静になって「危ないから、気をつけてね」と声をかけてしまった(血が出てる写真取ったけど、かなり痛々しいのでやめました)。

 自転車の事故に限らず、相手の意志を読み切れずに失敗するというのは、仕事でも人間関係でもよくあること。転んだときは、擦り傷や打ち身の比にはならないくらいのショックだから、人生はむずかしい。 じんじん痛む右腕を見ながら、そんなことをふと思った一日でした…。

|

« 眠れね~ | Main | いましめ »