« 削ぐ | Main | High And Dry »

September 07, 2006

幸か不幸か

 言い尽くされている議論だけれども、承知で書く。

 男の子が生まれたそうで。新しい命が生まれたことは、すばらしいことだ。だが、本人の身を思うと、ある意味不幸だと思う。自分の意志とは無関係に、とてつもなく重いものを背負って生きていくことになるだろうから。

 生まれてくる子は自分の意志で生まれてきたわけではない。同じ価値を持つはずの命なのに、祝福される子もあれば、望まれずに生まれてきた子もいる。組織の分化が始まったばかりの時に絶たれる命もある。貧しさのために生まれた直後に亡くなる子だっている。生まれてきた子には尊いも卑しいもない。

|

« 削ぐ | Main | High And Dry »