« とまどい | Main | 帰れない »

November 13, 2006

ひさしぶりの

(1)
何年ぶりかに渋谷駅から明治通りを経て竹下通りまでを歩いた。いつまでたっても工事中なのはあいかわらず。かわっていないところもあればすっかり変わってしまったところもある。渋谷とか、原宿っていうのは町田とかに住んでいると縁遠い存在だけど、それでも服装とかに敏感だったころは月いちくらいで行っていたので、やっぱり懐かしい。

それにしても、ものすごい人混みに圧倒されるばかり。名古屋に住んでいたころはこんな雑踏に出たことなんて全くなかったので、新鮮でもあり苦しくもあった。

ほんとうは仕事に着ていく服を買いに行ったつもりだったんだけど、ろくに探せず。またこんど来てみようと思う。

(2)
DVD

『間宮兄弟』と『有頂天ホテル』を見た。なんかこれも日常離れしていて見ていて不思議な気分。

間宮兄弟は佐々木蔵之助がいい味を出している。自分は兄弟が4人もいるが、歳が離れていたせいか物心が付いたころにはすでに散り散りになってしまったので、ああいう仲のいい兄弟はうらやましく思う。さいごのほうで二人とも失恋してしまうから、話としてはバッドエンドの部類に入ると思うけど。

有頂天ホテルのほうは、三谷幸喜の作品らしく(といっても彼の作品はほとんど見たことがないけれど)、テンポも歯切れもよくて見ていてぜんぜん飽きない。キャストはとにかく豪華で2時間足らずの映画としてはもったいないくらい。話の方はというと、いろんな話の伏線がちりばめられていてだんだんとひとつの物語に収斂していく感じ。推理ものじゃないのに、なんか推理もののドラマを見ているような気分になった

このところちょっと音楽と縁遠い生活になってしまっているので、たまには音楽ものの作品も見てみたい気分。…と、そういえばちょっとまえにblurのPV集を見たんだった。「宝石箱をちりばめたような世界」ってどっかの評論家がいっていたけど、まさにそんな感じ。初期はまんまアイドル。KAT-TUNもブラーみたいに成長するんなら、応援したい気分になる。

|

« とまどい | Main | 帰れない »