« November 2006 | Main | January 2007 »

December 31, 2006

American Hardcore

 シアターN渋谷で『アメリカン・ハードコア』を見た。映画が始まるまえにプレゼントの抽選会があって、ハードコアパンクス映画に相応しからぬなごんだ雰囲気で開演した。

 中身はというと、80年代前半のアメリカのハードコア・パンクムーブメントを追ったドキュメントで、関係者のインタビューと当時のライブ映像を取り混ぜた構成になっている。それにしても、映像資料がよく残っていたな、という印象。ライブ映像はほとんどが断片的かつ荒れ荒れで、音声はアフレコでレコード音源に差し替えてあるため、生っぽさは若干薄い。それでもファン同士、あるいはファンととバンドの殴り合いなどは演技じゃなくて本気なだけに迫力がある。

 ハードコアはアンダーグラウンドな活動だっただけに、人の名前や活動は雑誌や本で知ることができるだけで、中心になって活動していた人たちのパーソナリティみたいなものはまったく知らなかった。雑誌でインタビューが載るということもまずないし。この映画でマイナー・スレット(イアン・マッケイ)、バッド・ブレインズ(HR)、ブラックフラッグ(グレッグ・ギン/ヘンリー・ロリンズ)といった人たちの肉声を聞けたのはちょっとした感動だった。

 『ミュージック・マガジン』の評にも書いてあったが、取りこぼしているバンドも結構あって、この映画で当時のハードコアがすべて把握できるというものではないと思う。またできればその後にくるオルタナティブやグランジの流行と関連づけた構成のしかたもありだったようにも感じた。ソニック・ユースやダイナソーJr.は出自からしてハードコアレーベル(SST)だったんだから。ともあれ、アメリカ音楽文化の懐の深さというか、底知れぬ力を実感できる作品だった。

|

December 30, 2006

「90年代カルチャー」完全マニュアル

Sv0611 『スタジオ・ボイス』2006年12月号。何年経っても見た目がまるで変わらない小山田圭吾。そのいっぽうで、曽我部恵一の太りっぷりに時の流れを感じた。

 内容はというと、タイトルそのまんまで、『スタジオ・ボイス』編集部にとっての「90年代カルチャー」が網羅されている。「カルチャー」といっても、中身は音楽6割、文学2割、その他(映画・写真など)2割という分配。

 90年代に青春を過ごした自分にとっては本書の内容ひとつひとつが新鮮で…!ということはなくて、興味を持って読めたのは巻頭のインタビュー/対談とディスクガイドくらいかな…。文学や広告とかの話は難しくて。

 それにしても、90年代って何だったんだろうね。特集の対談で、「90年代は前半と後半で分かれていて、後半の5年を現在もそのまま引きずっている」という発言を誰かがしていたけど、まさに同感。わたしの場合、いろんなモノやコトを受容する感覚が95年あたりから変わっていないということもあるけど、他の人もそう考えているんだと思ってホッとした。妙なところで感心したけれど、なかなか面白い特集だったと思う。

 それてにしても、コーネリアスの新作はちょっと褒めちぎられまくりすぎなんじゃないの? 先日出た『ミュージック・マガジン』の年間ベストにも選ばれていたし。たしかにいい作品ではあるけれど、ダントツで1位かというとけっこう微妙。とはいうものの、ほかを見渡してみてもこれといった作品もないわけなんだけど。ちかぢかわたしのFABERITE DISCS 2006も更新する予定。

|

December 27, 2006

ラ・フェット

01_1 自宅からほど近いところにある南大沢のショッピングモール、ラ・フェット多摩でお買い物。ここに来たのは何年ぶりだろうか。クリスマス前だったので駐車場待ちの渋滞ができるほど。
 
 
02_3 わたしはといえば貧乏人だから、ほとんどウインドウ・ショッピングに終始した。でも、たとえ買わなくてもいろいろなお店を見て回るのは楽しいものだ。帰り際に愛犬ラグのために豚耳のくん製?を買ってあげた。ラグの喜びようと言ったら…!よっぽど日頃のドッグフードに飽き飽きしていたんだろう。

|

December 25, 2006

JB

誰もが(少なくとも)100まで生きると信じていたのに…。いつの時代にも濃すぎるファンク汁を分泌していたJBに合掌。

|

December 24, 2006

ヒルズにて

Imgp8703Imgp8738 世もクリスマスということで、六本木ヒルズに行ってきた。ここに入ったのはじつは初めてで、さすがに話題になっているだけのことはある。ふつうにきれい。せっかくのなので、展望台にのぼって、夜景を見てきた。やっぱりきれい。こうやって高いところから外の景色を眺めるのは久しぶりなような気がする。空はかすんでいたけれど、東京タワーも見えた。ここぞとばかり写真を撮りまくり。

Imgp8742Imgp8798 展望台と同じ階にある森美術館にも入った。 ビル・ヴィオラという著名な映像作家の作品展。展望台のチケットと強制的にセットで買わされた。こういう抱き合わせ販売ってどうなのかな…。作品展じたいはとてもよくて、ハッとさせられるような作品もたくさんあるいっぽうで、「六本木ヒルズに来るような人はこういう作品を好きでなくちゃいけない!」みたいな意志を強いられているような気がして、なんだか気持ちがいいんだか悪いんだか微妙な感じ。さらに、作品一本一本が長くて、全部フルで見ようとすると丸一日かかってしまいそう。どうせならじっくり腰をおちつけて見せてもらえるとよかったかな。閉館間近に入ったので、全部見られずに追い出されちゃったし。文句ばっかりでごめんなさい。

Imgp8836Imgp8812 帰りは六本木周辺をちょっと散策して帰宅。ヒルズから1分裏通りを歩くと、そこにはさびれきった街並みがあった。

|

December 19, 2006

房総

 先週は公私でいろんなところに行ってきた。房総から六本木、多摩のショッピングモールなどなど。ひさしぶりにちょっとしたドライブにも出かけられたし、気分がリフレッシュできたと思う。

 いきなり全部は更新できないので今回は仕事で行った房総の話から。といっても個人的にはクルマの写真しか撮ってこなかったので、ここでは帰り際に寄ってきた君津の魚市場とアクアラインの写真を載せます。

Imgp8566 君津の魚市場では、表情がものすごく渋いワンちゃんがいた。哀愁とワビサビを漂わせる表情が何とも言えず、すごくいい。渋い顔をしているけど、案外寂しがり屋のようで、近づくと「撫でて~」と言わんばかりに甘えてくるからこれまたかわいい。

Imgp8592 東京に戻る際に通ったアクアライン。海はやっぱりきれいだった。霞がかかっていて、遠くはよく見えなかったけれど、逆光を利用して望遠レンズを使って撮ると、船影が浮かび上がってとても幻想的な写真になる。

Imgp8622Imgp8661Imgp8676 アクアラインのトンネルを掘ったドリルのオブジェや階段、道路のコンクリの造形なども撮っていてとても面白い。最近はカメラを持ち歩いていなくて、も面白そうな構図に出くわすと、「ここはこう切り取ると面白そうだな」なんてふと思ったりするようになった。

|

December 09, 2006

冬の月

Imgp7508 このまえ、仕事が長引いて、終電で帰ることになってしまったとき、座席に座っていた女の子が編み物をしていた。できあがったモノもうれしいけど、その気持ちがうれしいよね、と思うと同時に、気づけばもうそんな季節なんだなあと改めて時の流れの速さを実感。

 そう、今年もあと半月あまり。なんだか身の回りにいろんなことがありすぎて、とてもめまぐるしい一年だった。この忙しさは年が明けても続きそうなかんじ。ま、ひまでひまでやることがないよりはずっとましだけど。

|

December 03, 2006

スタバでボられた件について

 先日、お昼に他の会社の人と待ち合わせをしたときのこと。

 早めに待ち合わせ場所に着いたので、お昼がてらスターバックスに寄ることにした。そしたらサンドとコーヒーのセットが540円というのを見たので「これならいっか」と思って注文し、600円を支払おうとしたら、「お客様、上の表示はサンド単品で540円でして…」と店員さんに言われてしまった。

 サンドの方はもう作りはじめているようだったので、やめるのも悪いし、高いからキャンセルするのも大人げないと思って(←単なるみえっぱり)、けっきょくコーヒー(330円)も追加注文した。まさか3口で食べ切れそうなサンドと大しておいしくもないコーヒーだけ870円もとられるとは…。サンドそのものは非常においしくて、生ハム(みたいなもの)とブラックペッパーの取り合わせが絶品だった。…が、コショウのにおいなのか肉のにおいなのか、妙にサンドの匂いが口に残ったので、仕方なくコンビニによって口臭カバーのためのガムとタブレット(計300円)を購入した。

 こうやってサラリーマンはカネをはぎ取られていくんだろう。そしてわたしは、今後しばらくスタバに足を運ぶことはないだろう。だまされた方が悪いんだけどさ…。

|

December 02, 2006

もう12月

 早いもので2006年も残りひと月。今年はほんとうにあっという間だったなあという印象。特に後半は名古屋を離れたり、職場が変わったりと公私ともめまぐるしく変化のあった1年だった。CDもそれなりに買ったし、ライヴにも最低限足は運べたと思う。来年もこんな感じですごせたらいいなあ。

 まだひと月残っているのに総括をしてしまった。ただ心残りなのは、HPを更新できるヒマがだんだんとなくなってきていること。時間的にというよりも精神的に日記以外のネタを更新する余裕が本当になくて、これからもそれは続きそう。実家に戻ってからも地元の友達とは誰にも連絡とってないし…。ともかくあと1ヶ月、がんばりますのでたまには見に来てやってください。

|

« November 2006 | Main | January 2007 »