« December 2006 | Main | February 2007 »

January 31, 2007

一年の計2007年版

ブログを始めてから、毎年1月に一年の目標を書き出していたのを思い出した。昨年の計は達成されたのか、見てみることにしよう。

【2005年からの目標】
・最低でも週に一度の更新…×
 町田に戻ってからは余りの忙しさでますますペースが落ちてしまった…(>_<)
・このホームページならではの面白い企画を考える…×
 上記に同じ
・日記ではなくちゃんとした文章コンテンツを充実させる…×
 上記に同じ
・訪問者数は現状維持で…○
 相変わらずでいい感じ。
・年内にミニコミを出し、何らかのかたちで流通させる…×
 今年もけっきょくダメでした。
・一生懸命働く…○
 去年は「名古屋での生活に一区切りつけたい」と書いていたけど、これは何とか成就。めでたい。
・月イチでライブに足を運ぶ…×
 昨年は5本ぐらいかな。後半はほとんど行けなかったのでなんとかペースを取り戻したい。久々のクラブ進出も…!?
・貧乏でも愚痴を垂れない…○
 貧乏暇無し。愚痴を言う精神的な余裕もない。
・CDをたくさん聴く…△
 今年は中古盤を買いまくるぞ~!
・運動をする…△
 クルマのみの通勤からクルマ&電車通勤に切り替えて、ちょっと運動するようになった。といっても歩くだけですが。
・贅肉を減らす…△
 減りも増えもせず。
・お酒を控える…×
 酒量はますます増える。
・ファーストフードを控える…△
 ひとり暮らし時代よりは確実に減った。
・学生時代に読み損ねた本を読む…△
 電車通勤の恩恵で多少読むようになった。問題は読み終わる間に次の本を買ってしまうこと。
・ノートパソコンを新調する…×
 お金がなくて断念。会社のパソコンでまかなっています。
・おしゃれに気を配る…×
 いい加減にやばい。でも普段からスーツを着るようになった(もちろん仕事がらみで)。
・部屋の掃除を定期的にやる…×
 荒れ放題。
・新メニューに挑戦する…×
 実家に帰ってからはまともな料理はまったくやってません。
・健康に過ごす…○
 体力だけが取り柄ですから。

【2006年の目標】
・デジカメを買う…○
PENTAXのデジタル一眼を買ってしまった。レンズにストロボ、レフ板と、仕事に必要とはいえ、このハマりようはなかなかひどい。でも写真は楽しいな。

・インテリアにちょっと凝る…△
実家のインテリアは何もいじらなくても雰囲気出てるから(古すぎて)。

・音楽DVDをいっぱい見る…△
いっぱい、とまではいかないけど、6~7本は買ったかな。リピートするのはそのうちの2~3本。

・ディスクガイド・ガイドを完成させる…×
すいません。怠慢です。

・新しいギターを買う…○
6月に買った!レス・ポールのStudio。そういえばブログにも書きましたね。練習する時間が欲しい~!

・地図を買う…○
これも買った!でも縮尺がでかすぎてあまり役に立ってない。東京だと詳細地図じゃないと意味がないということにいまさら気づいた次第。

・パンダで旅行に行く(フジロックとか帰省以外に)…
行くに入ったけれど、関東・東海・甲信越どまり。今年は本州最北端に挑む予定。

今年の目標は、後日書きます。

|

January 28, 2007

「曽我部恵一とサニーデイ・サービス」

Imgp4819 が冠特集の『ミュージック・マガジン』2007年2月号。表紙の絵を見たときはロバート・ワイヤットと思ったというのが正直なところ。この前のコーネリアスといい、ちょっと前にはニルヴァーナやらレッチリやらU2やらが大特集だったりと、売れ線路線をひた走りつつあるみたい。定価も今月号は700円、ベストアルバム特集だった先月号にいたっては800円と、ブルジョア路線も良いところ。読者の平均年齢を考えてみるとそれくらいの値付けでも売上は減らないだろう。だったらコラムをまとめただけの単行本はもうちょっと値段を落としてもらいたいところだ。

 で本の中身。本人のインタビューに、バンド時代~ソロ以降のディスコグラフィ、関係者のインタビューや評論家のコラムといったオーソドックスな構成。数年前に『クイックジャパン』がやっていたように丸山さんや田中さんへのインタビュー(しかも超暗い内容)敢行といった大胆な発想がなかったのは残念。この特集では両人は完全に蚊帳の外。なんだかかわいそう。

 個人的には、ソロ以降の作品は最初の2、3枚をちょっと聞き込んだ程度で、最近はほとんど触れていないのだけれど、その理由は彼がどこに進もうとしているのかいまひとつピンとこないからだと思う。

 サニーデイの頃はある意味わかりやすくて、70年代に対する憧れと90年代の先鋭性みたいなものが同時にあって、それは当時ハタチ前後だった自分たちも共有していた文化でもあったように感じる。サニーデイに趣味や志向を方向付けられていた人も少なからずいた。もうあれからだいぶ時間が経って、サニーデイはなくなり、ナンバーガールもスーパーカーもそしてハイスタもいなくなってしまった。そして同時期にあんなに入れ込んでいたレッチリはとてもつまらないAORに堕している。音楽全体がつまらなくなったわけでは決してないけれど、むかし大好きだったものがなくなってしまったさまを目の当たりにすると、やっぱり寂しいわけで。

|

January 21, 2007

"Marie Antoinette"

Ma_wp02l ソフィア・コッポラ監督の『マリー・アントワネット』を見てきた。歴史物にありがちな堅苦しくて厳めしい演出ではなくて、音楽や振り付けがポップで(わたしが言うのも何だが)とてもいまっぽい。特に音楽はエイフェックス・ツインとかスクエアプッシャーとかキュアーやらニュー・オーダーとかアダム・ジ・アンツとかのアンビエント&ニューウェーブ&ニューロマ勢で、実に斬新。80年代のきらびやかさと通じるところがあるのかもしれないと思ったりもして、目からウロコが落ちた思いだった。そしてキルスティン・ダンストの美しさにも息をのむ。服装といい、ミュージカル風の演出といい、一種のおしゃれ映画です。

 さて、ストーリーはというと、フランスから逃亡するヴァレンヌ事件の途中で終わっていて、悲劇を描ききらずに終了する。このあとは悲惨な話が待っているだけだから、たとえ続きを描いたとしても、泣ける映画は作れてもポップな映画にはならなかったであろうからこれはこれで潔い決断かもしれない(池田理代子の『ベルばら』はマリー・アントワネットの処刑シーンがクライマックスのひとつではあったんだけれど…)。それと、デュ・バリー夫人とかポリニャック夫人とかいった脇の人物の描写不足を感じた。そこらへんも監督ならではの割り切りの良さなのだろうか。あと気になったのは、顔の出てくる民衆がひとりも出てこなかったこと。その代わりなのかどうかわからないが、ルソーの書物をマリー・アントワネットが声を出して読むシーンは倒錯的でおかしかった。

 フランス革命の話は、大学生の時に教育実習をしたときに教えていたところだったから、妙に懐かしくも感じた。音楽がすごく良かったからサントラ買おうかな…。でも2枚組とはいえ、国内盤の3200円はいくら何でも高すぎる!!

|

January 19, 2007

It's a SONY

 カーステレオ、家のオーディオ、テレビと、けっこうSONY製の家電を持っているのだけれど、まともに動いているものがほとんどない。2か月ちょっと前に、電車通勤用にヘッドフォンを買ったのだけれど、早くも片耳から音が出なくなってしまった。音楽と読書は通勤時の楽しみだから、聴けないのはかなり辛い。とうぜん保証期間内なのでさっさと修理に出せばいいのだけれど、めんどくさくてサービスセンターに足を運んでいない。

 だけど、SONYの商品は「買わせる」魅力だけはものすごくあって、家電屋の売り場に行くとついついSONY製を手にしていることが多い。わたしの場合、デザインとかブランドイメージとかでモノを買うことはないのにもかかわらず。つまり、価格と性能のバランスが絶妙なんだと思う。

 たとえば今回買った折りたたみヘッドフォンは、余りの安物的な価格ではなく、かといって某オーディオメーカーのように1万ウン千円もする値段ではなくて、数千円の値付けで比較的音質が良くて…、というバランス加減に魅力を感じて買ってしまった。まあ結局壊れてしまったわけだけれど、修理に出すのをめんどくさがっているうちに保証期間が切れる…ということを計算済みだったとしたら、SONYという会社は空恐ろしい企業だ。

|

January 13, 2007

Detroit

Imgp0081 アメリカはデトロイトに1週間ほど行ってきた。もちろんデトロイト・テクノの聖地巡礼に…という理由では当然なく、仕事です。シカゴ経由で18時間。それだけでもうしんどい。


Imgp0087 週末とはいえ、ダウンタウンは人口100万人の大都市とは思えないほどの閑散ぶり。ひと頃の治安悪化もあって中心部は再開発の真っ最中で空き地も多い。公共交通は本当に最小限で、半径2キロ程度のスペースでバスと無人トラムが走っているだけ。クルマがないと何もできない。

Imgp0110 Greek TownとかBrick Townとか、世界のいろいろな街を模した商業スペースもあるけど、ちょっと中途半端でもの寂しい。時間がなくモータウン博物館に足を運べなかったことが心残りだ。


Imgp9615 いっぽう、郊外のディアボーン(Dearborm)はダウンタウンよりもよほど栄えていて活気がある。ここにはヘンリー・フォード博物館という産業博物館があって、めちゃくちゃでかい上に何時間いても飽きない。デトロイトに行くことがあれば(ふつうはまずないだろうけど)、ぜひ。

Imgp0816 仕事はというと、デトロイトで開催されたモーターショーの取材。会場の規模としては幕張メッセの3分の2といった印象で、比較的こじんまりとした感じ。幕張のような横に長い長方形状ではなくて、正方形に近いカタチをしているので回りやすかった。

Imgp3953 空港では低額で無線LANが使えるので搭乗直前までは仕事に追われていたけど、乗ってからは電波とは無縁になるから気が楽になる。帰りは座席に余裕があって、楽だったし。空をずっと眺めながら音楽を聴いてボーッとしているのもたまにはいいものだ。現地ではいろいろあったけど、とにかく思ったのは、もうちょっと英語をしゃべられるようになりたい、ということ。そしてまた来年も行きたい!

|

January 01, 2007

あけましておめでとうございます

Imgp9559 ついに2007年も明けましたね。今年もマイペースで更新していこうと思いますので、VELVETTYの部屋(4月で開設丸7年!)をよろしくお願いします。写真は年始に行ってきた祐天寺。

|

« December 2006 | Main | February 2007 »