« February 2007 | Main | April 2007 »

March 18, 2007

Rolling Stone

Imgp0352 『Rolling Stone』の日本語版が出たそうで、さっそく買ってみた。

 見た瞬間、海外の『Rolling Stone』ってこんな雑誌だったっけな…?という違和感。音楽雑誌ではなくいわゆるファッション・カルチャー誌で、ノリはかなり軽薄。

 表紙タイトルの上に書いている文句が「音楽、ファッション、カルチャー、ジャーナリズム。読むこと自体がカッコいい!20代からのエモーショナルマガジン」となっていて、見出しも「ロックファッション不滅アイコン」とか「とってもロックな飲食店」とかなりベタ。ロックをキーワードにファッションやカルチャーを語る方向性はアリにしても、これでは編集者のセンスを疑ってしまう。確かにカート・コバーンはカッコいいけどさ…。

 ターゲット的には『BRUTUS』あたりの音楽特集に惹かれる20代後半~30代男性あたりなんだろうけど、広告主導で作られた雑誌というのが見え見えで、読み物としての魅力はあまりない。右ページに広告、左ページに記事、という構成はあまりに目障り。広告も情報なのだから、無しにしろとはいわない。いまさら『rockin' on』路線で行っても売れないのは明白だし。それにしても、もうちょっとスマートな誌面づくりをしてほしかったところ…。日本語版上梓の意図、みたいなものをはじめにメッセージとしてドーンとぶちあげるようなことをすればよかったのに。骨太なポリシーを感じさせることが、この雑誌で語っている「ロック」なのだから。

 とはいうものの全くつまらない、というわけではなくて、「ローリングストーン1000号の歴史」というオリジナルの『Rolling Stone』編集者たちのエピソードはおもしろく読めた(40年の歴史をたった11ページで語りきってしまうところもすごいが)。もっとも、『Rolling Stone』日本語版なんだから、こういう記事がないとこの雑誌の存在価値はない。ほかにも、アジカンや浅井健一のロックアイテム紹介とか、HOTEIの人生相談とか、高橋幸宏のインタビューとかもあるのだが、果たしてこれらの記事は編集部の意図しているターゲットに合致したコンテンツなんだろうか(人選の善し悪しは別として)。

 例によって文句ばっかり書いてしまったけれど、『Rolling Stone』という名前に思い入れがある人ほど、読んで失望するように思う。 

|

March 16, 2007

PC修理中

Imgp7125 海外での仕事中に、PCを踏みつけて液晶を割ってしまい(そのシチュエーションを説明すると長くなるので割愛)、現在修理ににだしている。かわりに使っているノートPCもどうにも調子が悪くて、こちらもまた修理に出すことに。ま、ついてないときはこんなもんさ。今日も一日無事生きながらえたことだけでも感謝に値する。

|

March 11, 2007

親不孝者

 夕方、空港に着き、帰り道の途中で珍しく兄から電話が。「おばあちゃんが亡くなったよ」と。もう葬式も終わって、親戚で集まっているという。一緒に住んでおきながら、死に目に会えなかったことがとても申し訳ない。家に帰ると、親や兄たちは「仕事だからしかないよ。ついてなかったね」と言ってくれたけれど…ずっと世話をしていた両親は「肩の荷が下りた」といっていたけれど、とても寂しそうだった。

 何年も前から寝たきりで、口もきけなくなっていたけど、ご飯はちゃんと食べていたし、もうしばらくは大丈夫だと思っていたのに。人はいつどこでなにが起こるかわからないね。家族や大切な人だけでなく、自分自身だって例外じゃない。

 ちなみに、日本円をほとんど持っていなかったので香典はユーロで渡した。ばあちゃん、あの世の銀行で両替してね。

|

March 06, 2007

飛行機二景

Imgp5982Imgp5983 飛行機から写真をとると、どうしてもこういう構図になってしまうのが残念。左はシベリアの大雪原、右はスカンジナビア半島のリアス式海岸。どちらも絵に描いたように美しい。窓側の翼の後ろは終始ジェットの轟音にさらされるんだけれど、この景色を見られるんなら、音なんてたいしたもんだいじゃない。

 現地に着いてからはいろんなトラブルがあったけれど、じっくり書いている時間もないのでこの辺で。

|

March 04, 2007

今日から

 うえのタイトルイメージはTITBITのイメージカラーのグリーン。そして飛行機に世界地図。今年は世界のいろいろなところにいけそうなこともあって、イメージにぴったりだったので使ってみた。fogmaのサイトもなかなかおもしろくてかっこいい。

 そんなわけで今日から仕事でスイスとフランスに1週間ほど行ってきます。やらなくてはならないことが山ほどあって不眠不休の1週間になりそうで、ひとりですべてのことをこなさなくてはいけないプレッシャーもあるけど、久しぶりのヨーロッパを少しでも楽しんできたい。時間があったら現地から更新しようと思うので、気が向いたら見てやってください。

|

« February 2007 | Main | April 2007 »