« Sense of Wonder 感想その1 | Main | 10月 »

September 27, 2007

Sense of Wonder 感想その2

Imgp4179 音楽、アート、スポーツといった要素をひとところに集めた斬新なイベントがこのSense of Wonder。登場するアーティスト、展示された諸作品、そして山中湖という絶好のロケーションと、すばらしいコンセプトと環境を特徴とするフェスティバルでしたが、第1回ということもあり問題点もすくなからずありました。次回への期待も込めて、いくつかここで指摘させていただきます。

・ステージ配置の問題
 3つのステージはいずれもほど近くにあって、移動はたいへん便利なのですが、同時に弊害もありました。問題だったのは、Nature Flow FieldとSun Shower Fieldでは互いに隣の音がむごいほどに聞こえてきたこと。

 一方がアコースティックなアーティスト、他方がラウドな音を流すアーティストの場合がとくにひどいのです。UAや二階堂和美、高木正勝といったアーティストの演奏の際に、隣のステージから容赦なく爆音系のドラムやギターノイズが入ってきました。これでは聞いている方よりも演奏している方がかわいそうです。もちろん、隣のステージで演奏しているアーティストには何も罪はありません。出力する音を小さくするのではなくて、ステージ配置そのものを考えなおすべきだと思いますが、会場を考えるとそれは難しいかないっそのことSun Shower Fieldはもっと小さなステージにしてしまうとか…。

・ボーカルマイクの不調
 Nature Flow Fieldのボーカルマイクの不調は、午前中のUAの時から発生していました。早い段階で分かっていたにもかかわらず、クラムボンや高木正勝のステージでもトラブルを引きずっていたのはちょっと怠慢なのでは…。

・Mount Vives Fieldの存在
 大きな2つのステージに挟まれて「Mount Vives Field」という小さなステージというかブースがあったのですが、フジで言ったら木堂亭くらいのサイズで、演奏するアーティストをみられたのは、ステージ前にいる十数人だけという状態でした。できれば1メートルでもいいので、高台で演奏して欲しかったところです。

・終演後の大渋滞
 終演後、主催者は来場者にはやく帰らせようと盛んにアナウンスしていましたが、この人数が一斉に帰ったらとんでもない渋滞が発生することが容易に想像が付きました。案の定、一カ所しかない出口にはクルマが殺到。早く会場入りしたクルマほど出口から遠く、後ろの方は1時間以上も待たされたでしょう。右折方面と左折方面の出口を分けるなりすればもうちょっとスムーズに出せたと思うのですが…。

・Sun Shower Fieldのタープ
 なんでもかんでも規制するのは大嫌いなのですが、Sun Shower Fieldのタープ、これはなしでしょう。場所をめちゃくちゃとる上に、視界は遮られるし、ライブ中はだれもいなかったりして、このタープは何の意味があるのかな…、と思いました。禁止にしなくても、タープ用のエリアを設けるとか、そういう配慮があってもいいのではないかと思います。

・コンセプトについて
 Sense of Wonderのキャッチフレーズは"No music No art No sports No respect, No life!"。このうちの"Music"については、アーティストのラインナップでその独自性が感じられましたが、"Art"と"Sports"に関しては、ちょっとイメージと違ったかな、というのが正直な感想です。

 スポーツに関しては、Sun Shower Fieldの片隅で「あー、サッカー(フットサル)やっているな」という感覚以外の何ものでもありませんでしたし、アートに関しても、ステージ後方に置かれたオブジェなどには正直いって芸術性を感じるものではありませんでした(いわゆる「ゲージュツ」は音楽よりも個人間の嗜好の違いが大きいと思いますが…)。また、Nature Flow Fieldステージ横での即興ペイントは良かったのですが、別に音楽とは関係なしに描かれているようにも感じて、そうなると「べつにステージ横でなくてもいいのでは」と思ったのも確か。音楽から受けたインスピレーションをキャンバスに描いていくというのなら合点がいくのですがどうやらそういうモノでもなかったですし。

 Sense of Wonderに集まってくる人たちの、その目的は「アート」「スポーツ」ではなくて、あくまでも「ミュージック」なのです。そんな来場者に「アート」「スポーツ」を意識させようとするのであれば、音楽にインテグレートしていく方向がベストなのではないでしょうか。

 今は昔となってしまいましたが、かつてAIR JAM ではフリークライミングとか、スケボーのブースを設けていました。つまり「メロコア」と親和性が高いスポーツだから違和感がないのです。アートについて言えば難しいですが、会場の一カ所にポーンとオブジェを置いたところでそれが何の意味をもつ芸術なのか(芸術に意味を探ること自体がナンセンス?)理解しづらいと思います。

 何事も最初から100%完璧にこなせというつもりはありません。ましてやこれだけ規模の大きなイベントですから、見事開催にこぎ着けるまでの努力と労力も相当なものだったでしょう。スケールの大きなコンセプトを掲げてスタートしたのですから、これに懲りて次回の開催を見送る、なんてことは絶対にしてほしくはありません。ひとつひとつ、明らかになった課題を検証し、改善に向けた努力を続けていただきたいと思います。えらそうですんません。

|

« Sense of Wonder 感想その1 | Main | 10月 »