« October 2007 | Main | December 2007 »

November 30, 2007

本を買う

 久しぶりに本屋に行って本を2冊買った。1冊は森達也の『ぼくの歌・みんなの歌』(講談社)。もう1冊は『フィアット・パンダ オーナーズバイブル』(スタジオタッククリエイティブ)。

 パンダのオーナーズバイブルは8400円!!もしたのだけれど、値段に見合う内容の充実ぶり。パンダの関連本や特集はかなり網羅している自信があった自分だけれど、当時のカタログやら関係者インタビューやらメンテナンスガイドまであって、オーナーなら持っていて損はなし。その前に出た『エンスーCARガイド』が脱力するほどに誤植の多く内容の薄い本だっただけに、安心した。もうPanda本(とくに単行本)なんてこれからは出ることはないだろうから。Pandaの本については、機会を改めてPandalogで書こうと思う。

 森達也さんは、ハッキリ言って『放送禁止歌』のころからファンです(本人はそういう偶像崇拝はもっとも嫌うところだろうけど)。今回買った『ぼくの歌・みんなの歌』は森さん自身の個人史の中で思い出深い曲とアーティストを取り上げる、というものだけれど、なんといても文体がよい。飾らずてらわず、知的で飄々ととした語り口のなかに、センチメンタリズムと繊細さも同居していて、電車の中でムムムとこころのなかで唸りながら読んでいた。のっけから学生時代の恋愛とともにあったというイーグルスの「ホテル・カリフォルニア」と、森さん自身の憧れであったニールヤングの「ライク・ア・ハリケーン」というつかみからして強烈だ。

 思っていたけれどうまく言葉にできなかったコトやモノをイメージから損じることなく文字にする森さんに感服。

|

November 12, 2007

背中が痛い

 ここ最近、会社のオフィスチェアや電車やバスのイスに腰掛けていると、ものの数分で背中が痛くなるようになってしまった。学生時代から続いてきた、座いすで生活→倒して就寝という腰・背中にもっとも負担をかける生活スタイルのつけがまわってきた感じだ。それでも不思議なのは、クルマのシートには何時間座っていても痛くならないこと。Pandaのシートの出来がとても良いこともあるけれど、やっぱり運転が楽しいから精神的にリラックスできるということもあるのかな。

 そうはいっても仕事を中心として移動の半分以上は電車。それで座れないというのは辛い。やっぱり自分も歳だ。いつまでも若いつもりでいる場合じゃない。

|

November 11, 2007

スーファリ

Super Furry Animalsのライブ。恥ずかしながらリキッドルームははじめてだったけれど、意外とかなりでかい。後ろの方ほど高い位置にあって見やすさも確保されていたのには感心。音がちょっと小さめだったけれど、後ろに立ってたせいかな。音の洪水に浸りたかったと身としては少々残念。客の入りは上々で、ほぼ満員。

発見したのは、CDで聴くかぎりではちょっと地味に感じていた新しいアルバムからの曲は意外にライブ映えしていたこと。オーディエンスのもりあがりもいい感じで、見ていてとても愉快だった。バンドの面々も終始ご機嫌だったし。

それにしてもスーファリってとことん変わったバンドだと思う。妙にセンスのいいダンス&テクノ志向があると思えば(彼らの容姿からはそうは思えないのだけれど)、"Receptacle For The Respectable"のようにちょっとソニック・ユースっぽいインプロもあったり、"Show Your Hand"みたいにいかにも英国らしいジメ~っとしたポップソングがあり、でもって曲そのものは"The Gateway Song"で典型的なようにいたってまっとうなロックンロールでもあったりと、なんだかつかみ所がない。これで中途半端にならないのは、やはり1回聴いただけで口ずさめるような、りソングライティングの良さに尽きると思う。ハモりも最高。

このところちょっと失いかけていた音楽への探求心を刺激してくれるという意味でも、自分にとってはとても貴重なバンドだ。

|

November 07, 2007

鼻栓警官

仕事帰りのときのこと。電車から降り、駅前の交番に警官が松居棒、じゃなくて長い警棒を手にした警官が立っていた。けっこうなおじさんで、としは50くらいだろうか。

その警官、こちらふと振り返ると、ティッシュだか綿だかわからないが鼻に栓をしている。なんでまたそこで鼻栓をするか、と突っ込みたくなる。丸いメガネと相まってなんとも間の抜けた雰囲気で、おもわず吹き出してしまった。緊張感が全くなく、ぜんぜん治安を守っている感じがしない。こんなのに自分の税金がつぎ込まれているのかと思うと、怒りを通り越して笑ってしまう。

とはいっても、この警官にはこの警官なりの人生があるわけで、本人は誇りを持って、鼻栓しつつ警棒片手に治安維持に努めているつもりなのだろう。それの姿がじっさいにどれだけ治安維持に役立っているかはまた別問題として。

最近、こういうおもしろおかしい風景に出くわすことがおおいのだけれど、おかしく思うのは自分だけなのかな、とちょっと不安になってきた。ちなみに、個人的になりたくない職業トップスリーは、警官・タクシー運転手・バスの運転手です。

|

November 06, 2007

加齢の歌

ひさしぶりにくるりの"TEAM ROCK"を聴いた。もう6年も前の作品だって! 2001年ってそんな前のことだったけな、という気がしてならない。最新作もいいけれど、やっぱり多感な頃に聴いた音楽ってのは強烈に印象が残っている。

加齢臭の原因は、自分だ。

|

November 05, 2007

祐天寺のアルムおんじ

祐天寺駅前の某スーパーに寄ったら、ハイジのアルムおじいさんにそっくりなゲルマン系のじいさんが買い物をしていた。買い物かごをちょっと覗くと、案の定、ハムやらチーズやらを大量に買い込んでいて、2ヶ月前のドイツ旅行を思い出す。

たまたま、そのアルム氏の次にレジに並んだ。会計3000円のところ4000円も出して、レジの定員さんに1000円返されると、自分でおでこをたたいて「お~ゴメンナサイ」と言っていた。そのオーバーアクションぶりとあまりのアルムっぷりに思わず吹き出しそうになった。またドイツ、いきたいなあ…。

|

« October 2007 | Main | December 2007 »