« 師走 | Main | 自由とは何か »

December 09, 2007

某音楽番組にて

テレビ朝日系列のタモリが司会をやっている音楽番組を、何年かぶりくらいに見た。浜崎あゆみやら、織田裕二や、V6あたりが出ていたように思う。それらに混じって新垣結衣とCoccoが出ていた。出演しているメンツのなかで、このふたり、明らかに浮いている。ふたりとも沖縄出身らしいが、方言丸出しのCoccoに対して、ガッキー(と呼ばせていただきます)はスマートに標準語。でもお二人とも緊張しているのか、表情が硬い。

いざ歌わせてみると歌唱力は歴然だった。アイドル→女優ちゅうことでチヤホヤされてきたガッキーと歌の力でここまでのし上がってきたCoccoでは、そりゃちがいすぎる。ガッキーの歌が上手ではなかったことに文句がいいたいのではなくて、ここまで歌唱力も知名度も違う人同士が同じステージで歌を披露しているということがおもしろいなあ、と。

ガッキーのファンにとってはCoocoなんて興味ないだろうし、その反対もしかりだろう。でも同じ番組に出ると言うことで、ガッキーのファンがCoccoを見て感動したのだったら(それの逆も)、すばらしいことだと思う。そういう自分の感知する世界とは別のものを与えてくれるテレビというメディアに感謝。…という自分はCoccoの歌をまじめに聴いたのははじめてです。もちろんガッキーも。そしてV6も。ついでに織田裕二(ベスト・ガイ)も。

|

« 師走 | Main | 自由とは何か »