« August 2008 | Main | October 2008 »

September 25, 2008

Fujirockers

Imgp1800フジロックのオフィシャルDVD『Fujirockers』の感想を。前半部分は以前(2005年だったけな?)フジのチケット購入者向けに送られたヒストリーDVDがベースになっている。ただ、そのヒストリーDVDはおそらく版権の都合でアーティストのライブ部分は収録されておらず、ドキュメンタリー部分のみだったので、消化不良に感じていた。

今回はライブ映像も含まれていて、まさにフジを総括する内容。…とはいうものの、DVD2枚に全てのライブアクトを収録することは不可能で、収録されていたとしてもほとんどがライブの一部。また、アーティスト側の了解が得られなかったのか、本来収録すべきであるところの重要なライブもなかったりする。ちょっと数えてみるだけでもニール・ヤングをはじめとして、ブラー、ルー・リード、ベック、レイジ、コールドプレイなどは出演はしていたけれどこのDVDには未収録。個人的にはモリッシーのドタキャンで急遽登場したThese Charming Men(スミスのコピーバンド)はシャレで入れてもよかったのでは、と思ったけれど。

とはいえ、大物アーティストの一部が収録されていないということが、このDVDの価値を貶めるということはない。フジの、あの「空気感」が密封パックされているような内容になっているだけで十分満足。特に印象的だったのは、解散/物故したアーティストが収録された“MUSIC SCENE”というチャプター。ジョー・ストラマーやエリオット・スミスの在りし日の姿もあって、とても切ない。ガタガタここで並べ立てたところで、百聞は一見にしかずだから、気になった人は買わなくても良いからとにかく見てみること。

DVDのなかでも誰かが言ってたが、フジの魅力はやっぱり「自由」ということに尽きる。バスで行くか、バイク/クルマで行くか、電車で行くか。そのスタートの時点で選択肢が無数に出てくる。宿はどうするか、キャンプで過ごすか、車中泊に挑むか。シャワーで我慢するか、温泉へ行くか。無数あるステージ。どんなアーティストを見るのも自由。グリーンで大物バンドを鑑賞するもよし、ヘブンやオレンジでこだわりのアーティストを見るのだっていい。あてもなくふと見ていたバンドがものすごくよかったりすることも往々にしてある。

前の方でモッシュするのも、後ろでタコ踊りするのも、座って聴くのも、睡眠のBGMにするのも聴き手の自由。あるいはバンドを見ずにゴンドラに乗ったりキッズエリアで子供をあやしたり、キャンプサイトでバーベキューして過ごす、という選択肢だってある。「選択肢が多いこと」を自由の条件とするなら、こんな自由なフェスは(少なくとも日本には)フジ以上のものはないから。DVDを見ていて、そんなことを考えていた。

「ワタシは自由にバンドを見たいんだから、アナタにはワタシの自由を阻害しないでほしい」と言って、いっしょに来てくれた人とケンカしたこともあったけど、わたしにとってフジって言うのは、それだけかけがえのない存在ということが言いたかっただけ。

来年のフジまで、まだ10か月もあるけれど、とにかく今から楽しみでならない。でも、2009年の7月がやってくるのは、きっとあっという間なのだろう。

|

September 21, 2008

niftyに苦言

ニフティ・サーブが衣替えして@niftyへ変わった直後からプロバイダとして利用しているが、サービスがどうにも。

ブログの管理ページはずーっと重いわ、メンテナンスの度に使わない機能ばかりが増えてかえって使い勝手は悪くなるわで、正直辟易している。他のサービスに移行というのもアリだけれど、写真もブログのアーカイブもここまでため込んでいると、技術的な難しさよりも量がありすぎてめんどくさい。移行作業しているくらいなら、ブログを書いていたいくらいだ。

不満を抱いたのは今回に始まったことではないのだけど、決定的なのは8月末に実施されたメンテで、ファイルのアップロードの容量制限が1MBになったこと。以前は40MBだったのに…。

写真ページで使っているニフティのブログサービス「ココログ」の「マイフォト」機能は、画像をまとめてZIP圧縮したファイルをアップロードするとサーバ上で自動的に解凍してくれる機能がある。これが非常に便利だったのだが、今回の1MB制限でZIPアップロードの意味がほとんどなくなってしまった。

横640pixの画像だとだいたい10枚くらいで1MB。60枚の画像をアップロードしようとすると、それぞれ10枚ずつZIPにして、6回同じ作業をしなければならない。他にもキャプションを1枚1枚入れなくてならず面倒、この高画素化時代に画像サイズは640pixに制限される(マイフォトの場合)、スライドショー機能がない、等々の旧態依然な制約もある。とりあえず運営側に文句を言ったが、改善の意志がない返事。国内Webサービスの先駆がこのありさまなのだから、アメリカ勢に駆逐されるのも合点がいくというものだ。

今回のSense of Wonderの画像は仕方なくマイフォトを使ったけれど、次回から写真に関してはGoogleのPicasaを使うようにする予定。ブログは当分このままでいきます。

|

September 19, 2008

朝霧JAM

チケットがソールド・アウト、そしてラインナップ発表、ついでにスマッシュ代表のインタビュー(とても良い記事!)と、続けざまにいろいろ情報が出てきた朝霧JAM。今年は残念ながらどうしてもはずせない仕事が入ってしまって行けないけど、行ったらきっとめちゃくちゃ楽しいんだろうなー。

ラインナップは小さい方のステージ、Moon Shineがツボ。初日は秋の朝霧にぴったりの清涼感あるエレクトロニカ、2日目はそうとう濃ゆいダブ。そのぶん、Rainbow Stageはネタ切れ(特に2日目)という印象だけれど、両ステージの性格付けがよりはっきりしたという点ではいいことなのかもしれない。

ただ、インタビューを読んでいると朝霧でこれだけでかいイベントをやるのは、行政側の制限や調整ごとが多くてかなり厳しそう。また、キャンプインパーティとしてはダントツの規模にまで成長したゆえに、ガタイの大きさが次のアクションのネックになってしまっていることも想像に難くない。西武や地元にお金を落とせる苗場のように、次から次へと新しいモノがポンポン生まれてくることはとても望めない。

Asagiri06_09そこで、ロケーションや規模の面で現状維持という前提で次の一手を考えるとしたら、金土日の3日間開催だろうか。チケット代は2万円プラス、というイメージ。それでもタイコ・クラブに行って、フジに行って、メタモ(あるいはWIREもでいいけど)にいって、そして朝霧に行くとなると毎月のようにウン万円が飛んでいくわけで、参加者にとっては相当な負担だけれど、フェスは麻薬のようなものだから…。

Asagiri06_37いずれにせよ、行く人には楽しんできてもらいたい。ちなみにテント立てるんなら一番奥がベスト。景色も良いし、静かだし。写真は、2年前の朝霧で撮ったもの。この日は月が満ちていてとても明るく、でもものすごく寒かった。後ろはもちろん富士山。

|

September 17, 2008

継続は

力なりというけれど、努力して続けることはすごく難しい。

例えばブログ。久しぶりに、「ブログ、よく続けられますねー」と聞かれる機会があった。ま、努力して続けているのではなくて、以前よく書いていたけれど、“惰性”に尽きる。

惰性に徹することができるコツは「読み手を意識しない」こと。読み手を意識すると、筆が進まなくなるから。イヤなことがあって全てを消し去りたくなっても、そこで思いとどまる。…というのではなくて、「消すことすらだるい」と思いきれるかどうか。他人に読まれていることを前提にするから消したくなるわけであって。もっとも、書き始めたときはほかの人にも読んで欲しいと思っていたはずなんだけど、何年も書いているうちに他人の反応を期待しない(ふりをする)心境になってしまった。

ブログはmixiではないのだからそれを活かさなくちゃ、と思う。好き勝手をかけるメディアなのに、なんで自分を飾り立てる必要がある?

トラックバックもコメントもいらない。読んでくれるだけで感謝。…といいつつもたまーに反応があったりするとすごく嬉しかったりするんだけどね。飾り立てたい衝動を抑えながら、今日もつまらん日常を書く。そういう葛藤を楽しむのもいい。

|

September 11, 2008

I Am Robot and Proud

フジのDVDといっしょにI Am Robot and Proudの『The Electricity in Your House Wants to Sing』を購入。DVDについてはまた今度書くとして、このアルバム、いわゆる非フロア系電子音のアーティストとしては久しぶりにツボにはまった感じ。レイ・ハラカミやDE DE MOUSEと一線を画すのは、電子音を中心に据えながらもピアノやアコースティックギターもふんだんに取り入れているところ。それでいて、90年代の音響系のエッセンスもちりばめられていて、ちょっと懐かしい感じも。

盲目的にアート志向に走らずに、ポップをわきまえているところも長所。一曲一曲が短くて歯切れが良い。フェス後のどうしようもない倦怠感→Perfumeの嵐が過ぎ去って、ちょっと一安心。ひんやりとしているけどどこか暖かみのある音色は、新宿から小田急線にのって町田駅を降りたときに感じる秋の涼風のよう。

|

September 07, 2008

一週間

Imgp0187旅行から帰ってきて一週間。写真を見ながら今回の旅行を振り返ると、かなりギリギリなスケジュールだったな、と。

東京から青森、函館から釧路、秋田から東京と、600km以上の道のりを丸一かけて移動した日が3日もあった。とくに函館・釧路間は移動時間の半分以上は一般道だったし(Pandaにムチを入れてかなり飛ばした)、いま思うとかなり無理できたなあという印象。

逆に言うと、8日間休みをもらっても、クルマで北海道行くとなるとこれだけがんばらないと厳しい、ということになる。青森からのフェリーを苫小牧行きにすれば多少の労力削減が期待できるが、たいした差ではない。高速道路がつながれば移動時間はぐっと縮められるんだけどね…。

R0013188来年はたぶん無理だろうけど、再来年にはまた北海道へ行きたいと思っているのでいまから思案中。

ロングドライブはたいへんだし、とても疲れるけど、クルマで遠くに行くってやっぱり楽しい。来年は九州に行ってみようかな。

|

September 05, 2008

散髪前夜

明日、美容室に行ってくる。

自分の生涯のなかでかつてないほど髪が伸びていて、むちゃくちゃ長くてぼっさぼさ。明日は短くさっぱりして黒く染め直そうか、それとも長いままにして久しぶりにパーマでもかけようか、迷っている。長い髪はなかなか乾かないし、寝ぐせが付いたら大変だしとあまりいいことはないのだけど、パーマなんてここ5、6年はかけてないから、久しぶりにやってみるのも悪くはないかなとも思ったりしてみたり。

とりあえず、あしたの気分次第で決めることにした。もっとももう決めてはいるんだけどね。

|

« August 2008 | Main | October 2008 »