« カメラバッグが欲しい | Main | あこがれ »

October 25, 2008

とりあえずは

趣味の話題ばかりですが。

(1)
下のカメラバッグの件、けっきょくUnited Arrowsの小型ボストンを採用。理由は、適度な大きさ、そこそこ垢抜けたデザインと色、カメラが取り出しやすそうな上面ジッパーだから、など。もちろん、リーズナブルと言うこともある。カメラバッグとして作られたものではないので、これにエツミのクッションボックスを組み合わせて使用予定。届いたらまたインプレッションをお届けします。あわせて久しぶりに服も買ってしまった…。ここ1年はスーツやシャツ・ネクタイ以外の服はまったく買っていなかったので楽しみ。

(2)
レンズの話。いま持っているのは、前に使っていたK100Dに付けているシグマの17-70mm、K20Dの標準レンズとして使っているペンタックスのDA 16-45mm、ポートレート用のFA 50mm、望遠用のシグマの70-300mm(非APO)という構成。いかに貧乏くさいレンズ選びをしているかというのが分かるが、ちかぢか標準系の単焦点レンズをちかぢかもう一本を足したいと思っている。予算は貧乏なので3万-4万円。たかが1本のレンズにこの値段は高いと思われるかもしれないが、ペンタックスのレンズの価格はC社やN社に比べても非常に良心的だ。

前にもちょっと書いたけど、候補としてはFA 35mm(生産終了との話も)、DA Macroの35mm、コンパクトさが猛烈に魅力的なDA Limited 40mm or DA Limited 21mm、ポートレート狙いなら、DA Limited 70mm、予算をはみ出るかもしれないが来年初に登場予定のDA★55mmという手もある。ちなみにペンタックスの高級レンズには★マークが付きます。

あと、先日仕事ついでにメーカーから魚眼のDA 10-17mm Fish-EyeとDA 55-300mmの望遠ズーム、そしてDA★16-50mmを借りたのだが、独特の構図が特徴な魚眼レンズはとにかく魅力。これも現状では予算オーバーだが、いずれは手にしたいレンズだ。あと、DA 55-300mmは望遠ズームとしては異例なほどのコンパクトさとシャープな写りが魅力。現状ではシグマとかぶってしまうのと、望遠ズームは使用頻度があまりないので、選択肢から外れてしまうけれども…。そしてDA★16-50mmは、「じゃじゃ馬」などといろいろ言われているレンズではあるが、自分の腕ていどでは、じゃじゃ馬かどうかも判断できないが、超音波レンズならではの合焦の早さ・ボケ具合・F2.8通し16mmスタートの絶妙な画角はやはりすばらしいというほかない。ただ、10万円という値段と500gを大きく超える重さはやはりネック。

Imgp8543_2仕事の時は大きなレンズとカメラで存在感をアピールするのは、要人の目線をもらう際にはけっこう重要なポイントだったりするのだけれど、仕事だけでなくて街歩きのスナップとして気軽にカメラを構えたい自分としては、あまり大きく重いレンズは避けたいところ。今月はいろいろ出費してしまったので購入は無理だが、来月あたりには、どれかは手に入れたいところ。コストパフォーマンスを考えると、FA 35mmか、DA Limited 40mmどっちかかなあ…。

|

« カメラバッグが欲しい | Main | あこがれ »