« October 2008 | Main | December 2008 »

November 23, 2008

映画4本

多摩シネマフォーラムの映画祭で、4本の映画を鑑賞。

河瀬直美のドキュメント「につつまれて」「きゃからばぁ」「垂乳女(たらちめ)」、あと若松孝二監督の「実録・連合赤軍」。

河瀬直美の作品については、敢えていじわるな言葉を使わせてもらえば、自意識過剰もここまで度を過ぎると心地よい。「につつまれて」は一度も会ったことのない実の父の消息を追う物語。“父を捜す自分”に焦点が当てられていて、執拗なほどに河瀬本人のポートレートが続く。

「きゃからばぁ」は「につつまれて」の続編。実父の死を聞きながら、「墓参りにも行く気はない」と突き放し、「わたしが強いからあなたを生んだ」と言い放つ実母。河瀬は、自らの数奇な出生を、そのやり場のない気持ちを、納得させるために刺青師と出会う。そして自傷(=刺青)する。「作品を生み出す行為はひたすらに孤独であって、そこには愛も友情も不要である」と。河瀬は、刺青を入れ、全裸で草むらを走る。

「垂乳女」は生と死の物語。老いゆく祖母、そして自らのカラダに新しく宿る命。祖母の亡くなる瞬間を、そして自らの出産シーン(赤ん坊が出てくるその瞬間すらも)をすべて包み隠さず映像で見せる。徹底したリアリズムというか、究極の事実追求型映画といえる。記憶にすると曖昧になる。写真では断片化される。だが、(撮影者の視点という留保が付くにせよ)映像はありのままをリアルに描く。自分たちが目を背けてきたものを、河瀬は自らのカラダをもって突きつけようとする。そのパワーにひたすら圧倒された。じっさい、3作品のなかでいちばんおもしろかったのはこの作品。


「実録・連合赤軍」は、190分の長編。思うところはいろいろあるので次回。

|

November 20, 2008

CC中

小中高とバリバリ運動部だったため下半身が筋肉づいているために、微妙にマッスルなやせ型体型(ガリガリではない)で、代謝も活発だったのでこれまでは食事にはいっさい気をつけたことはなかった。ただ、30をすぎて酒量も増えたこともあり、ちょっとお腹が気になりだした。

そんなわけで先週あたりからカロリーコントロール実施中。基本的にめちゃくちゃ食うタイプではなく、“据え膳食わぬは…”よろしく「出されたモノは全部食う」(意味が違うって?)というのがポリシーなので、実家住まいのようにご飯を作ってもらえる環境にあるとついつい食べ過ぎてしまう傾向がある。そこんとこを節制せねば。

体脂肪を減らすには(1)「食事量を減らす」か(2)「運動する」かのどちらかなのだが、とりあえずは(1)からチャレンジ。間食はいっさいやめ、朝は食わず、昼におにぎり1個か2個、夜は炭水化物(うどん、ソバ、スパゲティ、ご飯)等を取る。動物性脂肪は原則として摂らない。酒量は若干減らし、カロリーオフ系、アルコール度数も控えめとした。

ま、こういう食生活をしていればイヤがおうにも体重は減る。この調子で65kgアンダーを目指したいが、その一方で耐久力というか代謝が落ちているのも実感。先週末あたりにできた口内炎がいつまでたっても治らず、あまりにも痛いのでさらに食事量が減る…という悪循環になってしまった。

体力の衰えを防ぐためにもやっぱり多少の運動もやらねば。ジムもいいけど、筋肉も適度に付けたいので、水泳にしようかな…。でも海パンはどんなのがいいんだろう…。やっぱここはオトコらしく流行りのビキニかな…。姓がキタジマだから平泳ぎとか期待されたらやだな…とかくだらぬことを考えながら、休みの日はこたつの中でひたすらゴロゴロしている。

|

November 16, 2008

FROG "EXAMPLE"

Imgp9340元シンバルズの沖井礼二のユニット"FROG"待望の新譜。ゲストを多数迎えたバンドサウンド中心のアルバム。

初期から後期まで、シンバルズ時代のエッセンスの集大成、という印象。"Love You"の次のアルバムがあったとしたら、こんな音になったんだろうな、と思わせる。いわゆるシティポップスと60-70年代のUKロックをとりまぜたスタイリッシュな音づくり。青野りえの澄んだボーカルが印象的な"Night of the Long Knives"、ベースラインがうねる"DIVER"、そして妙にパンキッシュな"Gangsters"など、捨て曲なし。さすが。

心地良い音は対照的に詞はとても重い。シンバルズの頃からその予兆はあったけれど、ソロになったことでその主張の輪郭は明確になった。全編英語の歌詞で歌われているのは、人の死だったり、環境の問題だったり、核兵器(を開発した人)の話だったり。

なにかのPVで自嘲気味に語っていたが、もうちょっと商売っ気があればいまの中田ヤスタカにも匹敵するサウンドクリエイターになれただろうに…。裏を返せば、そのアピール下手が沖井氏の魅力でもあるのだけれど。

|

November 12, 2008

最後の戦後民主主義

筑紫哲也が亡くなった。ちょっといろいろと考えるところがあったので長文を。

小田実につづく筑紫の死をもって、いわゆる「戦後民主主義」なるものはここで終わったと思う。論壇でのオピニオンリーダーであった丸山眞男や大塚久雄をいわゆる第1世代というならば、その薫陶を受けてマスメディアの寵児となった筑紫は第2世代に当たるだろう。鶴見俊輔や加藤周一、あるいは日高六郎といった第1世代もまだ健在だが、オピニオンリーダーとしての役目はすでに終わっているし、第2世代には大江健三郎、より左向きになれば井上ひさしという巨人もいるが、やはり文壇の人、という印象は否めない(個人的には支持するが)。論壇とジャーナリズムの架橋という点では筑紫こそ丸山の正当な後継者とは言えまいか。実際、丸山眞男全集の小冊子では筑紫が追悼のコメントを寄せていた。内容は忘れたけども。

マスメディアという場で活動する以上は、さまざまな批判にさらされることは当然。しかし、そのなかで、正気を保ちながら自信の信念を貫いて意見を表明するには、(丸山の言葉を借りれば)それこそ相当な「強靱な精神力」が必要のはず。でなければ自身が出演しているテレビ局に向かって「死んだに等しい」という言葉など使えないはずだから。

ネットでは、彼らのような戦後民主主義論者に対する批判的な意見はひじょうに多い。だが、それらの意見は、筑紫が言うようにけっして“便所の落書き”とも言えない。少なくとも“ネットに意見を書き込むユーザー”というセグメントを切れば、そのうちの相当数は筑紫のようなオールドリベラリストに批判的というのは厳然たる事実だからだ。それは、裏を返せば筑紫が“マスコミ”を代表するジャーナリストの地位を与えられているということもである。まあ、じっさい筑紫はネットを“便所の落書き”程度にしか考えていなかったのは確かだろう。丸山がテレビを嫌い、筑紫がネットを嫌ったように、新しいメディアに対する蔑視ともとれる態度、言い換えれば「知的エリート」っぷりも戦後民主主義者のメンタリティを見事に反映していると思う。

なんだかいろいろ書いているうちに分からなくなってしまった。要するに自分が言いたいのは、筑紫哲也が亡くなった喪失感はとても大きかった、ということだ。久米宏のように軽薄で浮ついたセレブリティ臭のない、骨太の“マスコミ”ジャーナリストはこれから先、きっと出てくることはないだろう。

現時点で筑紫の地位に相当する存在なのは、(OhmyNewsで道を踏み外した)鳥越俊太郎ではなく、森達也なのだろうと思う。だが森は、茶の間で人気を博すマスメディアの人間でもなければ論壇で支持を得るような文士でもない。そしていまさら戦後民主主義者でもない。ただ、(特定の思想に束縛されないという意味では)もっとも純粋なリベラリストだと思う。その純粋さが、マスメディアから疎外されることによって担保されているというのは皮肉だが…。

ともかくも、News23のエンディングテーマであった井上陽水の「最後のニュース」は、聞き返す度に名曲だと思う。その影響力で言えば、井上こそが筑紫の後継者たりえるのかもしれない。そんなふうなことを考えていた数日だった。

|

November 10, 2008

カメラバッグ

Imgp8959こんな感じで収納。

カメラボディ、バッテリーグリップ、レンズ(種類にもよるが3本くらい)、小型レフ、おまけにヘッドフォンと、けっこう容積があって使い勝手が良い。肩にかけるストラップがあればなおよかったが、トートのような使い方ができるので、それほど問題はない。

いかにもカメラバッグ然としたカメラバッグはイヤで、しかもけっこう機材を押し込むタイプの人にはおすすめ。

|

November 09, 2008

文学フリマ

Imgp9121秋葉原で開催されていた文学フリマへ。今日も寒い。じつは今回出展しようと応募したのだが、抽選に外れてしまった。そのかわり次回の優先出展権なるものを得たので、出展の参考のために見に行った。

人はたくさんいたのに会場の通路はやたらと狭く、押し合いへし合い。でも、低い天井と人口密集度が大学の学生会館みたいで懐かしい。根暗っぽいオトコがやたら多いあたりも。前日のデザインフェスタと対照的にアンダーグラウンドな雰囲気が気に入った。ただ、小説や漫画評や映画評、それと純哲学系が比較的多くて、音楽系はあまり多くなかったような。逆に考えればそこで個性を発揮できる余地はもしかしたらあるかもしれない。

なかにはプロや出版社の出展もあったが、こちらは素人のレベルにプロが合わせている。すべて机ひとつイスひとつ。音楽を流したりすることもない。なかにはひとりぽつんと座って作品だけ置いて、ひたすら瞑想しているような人もいる。

みんな、いろんなカタチで努力をしている。自分も見習わなくちゃ。次の文学フリマは5月。しっかり準備をして、後悔のないように執筆作業に勤しみたい。半年も先ですが、気が向いたらぜひいらしてください。

|

November 08, 2008

デザインフェスタへ

Imgp90485月に開催された前回に引きつづいて行ってきた。なんだか妙に寒く、秋を通り越して、冬のようだ。

Imgp9051印象としては、久しぶりに行った前回と比べると、若干インパクトは弱かったかな。というのも、常連がいるらしく、この前見たものが結構あったから。

Imgp9056あと、まあこれは善し悪しだけれど、もうちょっと自由な表現手法があってもいのではないか、と。端的に言えばいささか商業化されすぎているような気がする。プロないしセミプロが、ブースや作品の演出などにちゃんとしたパッケージを組んで作品を展示しているのと比較すると、みるからに手作りでみすぼらしいアマチュアは不利すぎる。デザイン会社とか専門学校の宣伝も兼ねて出展しているところもあるし。

Imgp9075いまのデザインフェスタはどうしても作品を「見せる」のではなくて「売る」というのが主眼になってしまっている。というのも、出展料が1ブース2万円弱~4万円弱と高額で、安くない出展料を出したのだから元を取らねば、という発想になるのも無理はない。そうなると、やはり商売として成立する=ある程度のマスを狙ったものを作らざるを得ない。必然的に過激で個性的な作品は埋没していく。という連鎖ができてしまっているような気がする。

Imgp9091もちろん、いまのデザインフェスタの路線はぜんぜんあっていいと思う。ただ、現状では素人にとっては参加の敷居が高すぎる。もっと純アマチュアなひとたちが参加するための受け皿があってもいいと思ったわけで。

Imgp90699日は文学フリマに行ってきます。

Imgp9105Imgp9082

|

November 03, 2008

あこがれ

Imgp8783大学生のころ、すごくあこがれていたのがAPC。よく新宿のタカシマヤに服を見に行っていたりもしていたが、値段が高いのと、ちょっとレベルが高すぎて自分の手に負えないと感じていた。

だが、先日ふと横浜でめずらしく買い物に出かけた際に見たジーンズにビビビときて、いましかない!勝手に思い込み、購入。しかもスリム(!)。中年太りの気がしつつあるなかで、敢えて勇気ある決断をしてみた。

Imgp8805そんなわけで体型維持のためジムにでも通おうかな…と思い始めた今日このごろ。

|

« October 2008 | Main | December 2008 »