« November 2008 | Main | January 2009 »

December 31, 2008

大晦日に思う

毎年恒例の今年の10枚を選ぶためのコメントを書いている。11月の終わりくらいにリストを出してちょくちょく書いていたのだが、年末に来て教えてもらったり知ったりしていいアルバムがたくさん出てきた。あらかじめリストアップしていた10ベストの並びとはかなりガラッと変わった。ありがたいことです。

ここに来て思い始めたのは、なんちゅーか、ジャンルにこだわっているようではもう新しい音楽は吸収できないな、と。昔なら“メロコア”やら“グランジ”やら“ヘヴィメタル”やらといった区分けが明確で、その枠にカテゴライズしやすいアーティストに狙いを定めて音源を買っていれば間違いはなかったのだけれど、ここ数年でそういう枠がいっきに霧散してしまった印象だ。

そんな状況でいまさらその良さに感動すら覚えたのがPhish。Phishについては今年になってようやく聞き始めて、何枚か音源を購入した。そのどれもが名作だが、なかでも衝撃だったのが"Farmhouse"というアルバム。下北沢のディスクユニオンで買った中古盤だ。

このアルバム、何かが“新しい”わけではない。70年代アメリカ南部の香りが漂う音は、人によってはむしろ古くさく感じるだろう。たぐいまれなテクニックを持つボーカルがいるわけではない。テクニックはあるがたとえばジミヘンやテレヴィジョンのように演奏がとぎすまされているわけではない。ニールヤングやダイナソーJrのようにギターと闘っているわけでもない。とても土くさいのに、どこか澄み切っていて、やたらと頭に焼き付く音。

上のPhishも含め、ジャムやいわゆるポストロック、エレクトロといったジャンルですてきな音楽をたくさん知ることのできた今年だが、ちょっとお腹いっぱいという感じもする。耳に心地いい音ばかり聴いていると、時折極悪なものもついつい求めてしまう。通常のハードコアやパンクのような様式的なモノではなくて、もっと極限までいってしまっているもの。いま手元にあるのでいうと、Atari Teenage RiotとかNapalm Deathとか。

そんなわけで自分としての音楽的なテーマは二つあって、まずひとつは“改めて古典を振り返る”こと、もうひとつは“ロックと呼ばれるジャンルの極北を探る”こととした。この影響で髪型がいきなりリーゼントに普段着がテーラードスーツになったり、超ロン毛で十字架のブレスとか身につけ始めたりしても驚かないで欲しい。

最後に、この1年、このブログをご覧いただいてくれた皆様、ありがとうございました。来年も細々と続けていく所存ですのでなにとぞよろしくお願いいたします。

|

December 30, 2008

久しぶりに下北沢に

よく通るのだけれど、なかなか降りる機会のなかった下北沢。高校から大学のころにかけては、月イチくらいのペースで行っていたが、社会人になってからはすっかり足を運ばなくなった。それだけ流行に鈍感になったということだ。

東京に戻ってきてから2年以上たつが、その間、この街をじっくり歩いたことはなかった。実はちょっと前にも行ったのだが、早い時間だったのでお店もろくに開いておらず、何も見ずに帰ってしまった経緯がある。今回はじっくり見た。

10ウン年前の高校時代、今はなき『Check Mate』を片手に、やっとの事で貯めたお小遣いを握りしめ、服を買うために下北沢に向かったのを思い出す。“自分は変わるんだ!”という期待を抱いてこのホームに降り立った。そういう意味で、自分にとってはすごく重い存在の街だった。

いくつかの古着屋はなくなっていたけれど、Chicagoとか、UPSTARTとかDEPTとかのお店はいまもって健在。いまでも通っている美容室RITZもまだある(お客さんはだいぶ減った印象はあるが)。このときに培った服のセンスは良かれ悪しかれっずーっと続いていて、高校時代に買った服の多くはいまでも現役だったりするからおもしろい。おそらく5年以上ぶりにここのディスクユニオンでCDを買ったのだが、これがまれに見るヒット(詳細は後日)。

ディスクユニオン近くのEri Cafeでコーヒーとチョコバナナのパフェを食べた。パフェはとても甘かった。

|

December 29, 2008

OKINAWAへ

目覚ましをかけずに好きなだけ眠れる日々っていいですな。ひたすら家にこもってグダグダな毎日を送り中。おかけでブログも書ける。

ところで先日、といっても2週間くらい前かな。沖縄へちょっくら行ってきた。というのは、クリスマス前のこの時期が飛行機代もホテル代も一番安いから。今回もレンタカーを使用。

去年は日帰り(!)だったけど、今年はゆっくり2泊3日。いろんなところに行ったけど、一番のヒットはネオパークオキナワかな。

Imgp1481ドアを開けた瞬間からそこはサバンナ。無数の鳥どもが押し寄せてエサをねだる。クジャクすらも当たり前のようにエサをせがんでくる光景に圧巻。ペリカンはくちばしがでかすぎてエサがうまく拾えなくてかわいそう。そのほか、犬やら山羊やらポニーやらが至る所にいて、ふれあうことができる。現地でエサは売っているけれど、けっこう高いので、食パンを買い込んで入場することをおすすめします。気分はムツゴロウさん。指食われないように気をつけて。

Imgp1631Imgp1585美ら海水族館もよかったけれど、これは定番なので当たり前といえば当たり前。でかい水槽とオキちゃん劇場(いわゆるイルカショー)はよかった。あと、北の果てにある岬がとてもきれいだった。

最終日、空港へ帰る途上にあるお食事処へ。「オゥチ」というお店で、外国人住宅を改造したカフェなのだが、そこがまたすてきなこと。料理もおいしくて値段も安い。ちょっと入り組んだところにあるのが難だが、空港までそれほど遠くないのに、レンタカーを借りたらぜひ行ってみて欲しいところ。かかっている音楽もすてきだった!

Imgp1669_2そんなわけで、今年は北は北海道から南は沖縄まで、“端”を極めた年だった。来年は九州あたりを一週間かけて行きたい気分。

この休み中にできたら撮った写真を公開しようと思います。

|

December 28, 2008

Mac覚え書き

今夜は年末らしくとても冷える夜。こたつに入っていても寒い。

さて、Macに乗り換えてからひと月、いろいろ苦労しながらもだんだん慣れてきた。Boot CampでWindowsも使っているけれど、すかっりMac OSのインターフェースに慣れたので、Winをさわると逆に違和感。

Macにしてみてから入れてみたアプリは無数にあれど、まともに使っているモノをいくつかご紹介。ひたすら長いですがお許しを。

●Firefox(ブラウザ)
Macではデファクトのブラウザ。Safariでもいいのだけれど、なんといってもプラグインの使い出がある。

●Oprera(ブラウザ)
検証用。それと今使っているWILLCOM 03に付いているブラウザがOperaなのだが、これとブックマークのシンクロがネット上でできるというのがとても便利。これだけはFirefoxも見習ってほしい。

Imgk1813●Thunderbird(メーラー)
実はメーラーの選定には2週間ぐらい考えつづけるほど、かなり迷った。AppleのMailにしようか、MicrosoftのMac向けOfficeについてくるEntourageにしようか、それともThunderbirdにしようか。会社のメールはやたらとスパムが送られてくるので、賢い迷惑メールフィルタが付いていて欲しい。メールの仕分けがしやすい、バックアップのためにデフォルトでGmailへ転送したい…等々の条件で使うとすると、どれも一長一短。Microsoftらしからぬ優れたUIのEntourageを使おうと思ったが、メールの転送先をあらかじめ決めることができず、断念。けっきょくThunderbirdに決めた。あと、Windows時代にはJustsystemsのShurikenというマイナーなメーラーを使っていて、データの移管はかなり苦労させられた。というか、やればできるが時間がやたらかかりそうなのでやっていない。とりあえず昔のメールはBoot Campを立ち上げて確認、ということにした。送信メールはこれまでGmailに全部転送しているので問題はなし。

●ATOK Mac(日本語変換)
日本語変換はMacの鬼門。賢くない、というか自分がATOKに慣れすぎていると言うこともあって、無条件で購入。仮にも原稿書きなので、そこんところは多少こだわらせてもらいます…。

●mi(エディタ:フリー)
Windowsの秀丸エディタに相当する高機能エディタ。HTMLやらCSSのタグ色分け表示も対応しているうえにFTP機能も備えているので、これ1つあえればたいていのことはできる。リリースおこしやらブログやらといった編集の必要のない文章の作成は軽いmiで事足りる。

●Microsoft Office 2008(オフィス)
iWorkもよくできたソフトだが、Windows環境に囲まれた中にいると、他人からうけとったPPTやDOCファイルを加工したりすることがよくあるので、Microsoft Officeは必要不可欠。だがとにかく重い。最新のMacBookでも立ち上げにいらいらするほど時間がかかるのだから、ちょっと何とかして欲しい。

●iimmgg.com tools(Firefox プラグイン)
ブラウザの画面キャプチャ。ページの上から下まで、可視領域のみ、任意のサイズといった3通りのほうほうでキャプチャがとれる。WindowsにあるCapture it!並の使いやすさ。画像共有サイトにアップロードする設定がデフォルトになっていて変更ができない。したがってキャプチャを取るたびにローカルのディレクトリを選択しなければ行けないのが面倒。ローカル保存が設定できるといいのだが…。

●shupapan(リネーム)
仕事柄、大量の画像を扱うことが多く、どの画像をどういう風に並べるのか、わかりやすくするために重宝するのがファイル名を一括変換するリネームソフト。明快なUIでほとんど迷うこともない。

●ToyViewer(ペイント)
Windowsの「ペイント」を高機能化させたようなソフト。iimmggでキャプチャした画像ファイルをトリミングしたり、減色処理をしたり、ちょっとした特殊効果を加えたり、といったような(とにかく重い)Photoshopを使うまでもない作業をするさいにはとても便利。

●Mac Fuse&NTFS-3g()
WindowsのファイルシステムであるNTFSをMacでも読み書き可能にするソフト。自分の家にはWindowsのマシンも数台あるので、MacとWindows PCとのデータの共有は不可欠。いろいろ探し回ったら、あっさり見つかった。こんな便利なツールがあるのですな。読み書きはMacデフォルトのファイルシステムに比べると若干遅くなるが、読み書きできる便利さを考えれば多少の遅さなど問題ない。

●Winclone(リカバリ)
MacBook買ったときのHDDの容量は250GB。しかもBoot CampでWindowsの領域に60GBも割り当てているので、Macで使える領域は190GB(実際はもっと少ない)。ひと月も経っていないのにも関わらず、仕事で撮った画像やら音楽のデータやらであっという間に130GB近くを食ってしまった。のこりは20GB弱で食いつぶすのは時間の問題。しかも来年早々には大量の写真を撮るモーターショーが待ち構えているので、足らなくなることは必至。

前置きが長くなったが、そんなわけで、つい先日HDDの交換を決意してさっそく実行に移した(こういう機械いじりがとにかく好きなので…)。秋葉原で500GBの2.5インチHDDを1万円ちょっとで購入。あわせてバックアップ用に1TBの3.5インチも8000円弱で購入。とにかくやすい!! さっそくTime Machineでバックアップを取って、HDD交換後に再インストール→Time Machineでリストアという作業を踏んだが、ファイルシステムの違いでBoot Campの領域はリストアされない。せっかくHDDを倍増したのに、もとの環境が復活しないなんて…とうなだれていた時に現れた救世主がこのWincloneというソフト。要は、Boot Campの領域をそっくりコピーして別フォルダに圧縮・保存しておき、WindowsのインストールディスクなしでBoot Camp領域を復活させてくれるという、スグレモノ。作業も簡単で、Windowsを再インストールする手間が省けてとても便利。

●Picasa Web Albums Uploader(画像アップロード)
iPhotoからPicasa Web Albumへアップロードできるアプリ。アップロードできるのみで、Windows版のPicasaのように画像の加工や整理はできない。仕事で撮った写真はバックアップのため真っ先にWeb上へアップロードすることにしているのであるに超したことはないが、前にも書いたけれど、いまひとつiPhotoが使いやすく感じない自分にとってはPicasa for Macを心待ちにしています。

●Flickr Uploader(画像アップロード)
Flickr(「フリッカー」と読む)はアメリカの本家Yahoo!が提供している画像共有サイト。Picasaは年間20ドル払って10GBの容量を使っているが、Flickrは24.95ドルだがアップロード制限がない。ただ、ダウンロードは(たしか)個々の写真ごとなので、FlickrはあくまでもWebでの閲覧がメインで、ローカルにダウンロードして分け合うという用途では、使い勝手としてはPicasaのほうが上。なので、Picasaはおもに仕事(といいつつプライベートでもけっこう使ってはいるが)、プライベートではFlickrといった使い分けをしている。

|

December 23, 2008

カクバリズム

渋谷クラブクアトロ。キセル/rei harakami/二階堂和美というラインナップ。忘年会まっさかりのセンター街を突っ切ってクアトロへ。

会場はギュウギュウでもなく、ゆるゆるでもなくほどよく人が入っていた。

トップバッターのキセルは相変わらずのリラックスしたムード。この秋にリキッドルームで彼らのワンマンを見たばかりだけれど、ダブ+フォークソングのディープな世界観は相変わらず。弟さんの作る曲はフィッシュマンズのロングシーズンみたいでフォーキーでフリーキー。

2番手のrei harakami。短いライブではあったけれどすばらしかった。彼には10分以上の曲が数曲あるがそれのどれもが名曲。今回はそのうちの2曲、"joy"と"schw schw"を立て続けに演奏。joyについてはいろんなところで耳にするので説明不要だが、schw schwはドラムンベース+ダブ+いまや懐かしいハッピーハードコア(トランス)風のタコ踊りチューン。天井知らずのカタルシスに、場所が場所ならば狂っていたところだった。前の人たちは仁王立ちだったけれど…。ま、音楽の感じ方なんて十人十色っていうもんさ。

二階堂和美は、天真爛漫、自由奔放という言葉がよく似合う。自分の感情を隠し立てしない。そしてなによりも歌がひたすらにうまい。それだけではなくて、彼女の歌を聴いているとよくできた演劇をみているように、彼女自身の世界に没入していくと同時に自分もその世界に引き込まれていく感覚になる。

その演劇性を支えているのは、彼女の(意図的にせよ無意識的にせよ)感情移入できる“演技力”と、比較対象が見あたらないくらいの“歌唱力”だろう。自分なりにライブの記憶を思い出すと、海外ではBjörk、日本のアーティストではUAや小島麻由美あたりもうまいと思ったが、二階堂さんの歌はそれを超える。

それと今回のライブでは、前半は旧作からのテンション高めチューン、後半からは新しく出したカバーアルバムからのしっとりした曲、という構成もよかった。アイドル風の応援団?の合いの手にはちょっぴり引いてしまったけれど…。

Lovers Rockでいったん演奏を終え、続くアンコールでは心待ちにしていたrei harakamiとの「虚離より」で共演。これがまたすばらしかった。ソロに比べて一歩引いたrei harakamiの演奏。そして言葉として読んでみる分には抽象的きわまりないのだけれど、メロディに乗ると妙に印象に残る詞がまた強烈。

最後は今日登場のキセル、エマーソン北村、rei harakamiによるオールスター共演。harakamiはなぜかキーボードで参加。打ち合わせなし(本人たち談)ということで最初はむちゃくちゃ戸惑っていたが、ソロパートもちゃんとこなせていたあたりがさすがミュージシャン。

ともかくも1年のしめくくりにふさわしいライブだった。

|

December 22, 2008

まだ使いこなせず

Imgp1885MacBookに移行してからもう3週間ぐらい経ったんだけど、なかなかなれない。ネックは画像とメール。メールはこの前ちょっと書いたけど、使うにつれて頭をもたげてきたのが画像整理の問題。

仕事柄、何千枚という大量の写真を整理する必要があるのだが、Picasaを使い慣れていた身にとっては、iPhotoがとにかく使いづらい。Web AlbumへのアップロードはMac版のアップローダーがGoogleから出ているので問題ないが、問題はローカルに保存した大量の画像。

保存したディレクトリ構造をそのままで整理したいのに、iPhotoではいったんライブラリに横並びで取り込んで、そこから改めてアルバムを整理しなければならない。これから写真を撮ってiPhotoで整理する向きには問題ないが、いままでため込んできた数万枚の画像が横並びになってしまうのが非常に面倒。写真の整理のために仕方なくBootCampでWindowsを立ち上げてPiacasaを使っている。マシンの性能もあってこれはこれで快適なのだけれど、でもこれではMacに乗り換えた意味がない。あと、キー配置の関係でショートカットが使いづらいというのもある。

はやくMac版Picasaでないかな…。

|

December 20, 2008

Life-X

ホームページを立ち上げてから、もうだいぶ経つわけだけど、文章はホームページやブログに、写真はPicasaやflickrに、音楽はlast.fmに、プロフィールやSNSはniftyのaboutmeやMySpaceやfacebookに、ブックマークははてなに、みたいな感じでジャンルや目的ごとにいろんなサービスをかいつまんでいて、コンテンツがとっちらかっている。

なんでこういったWebサービスを利用するのかというと、理由は2つある。HDDはいつ吹っ飛んでもおかしくないので、バックアップをとる必要があるのと、Web上ならばPCがなくてもケータイやスマートフォンから見られるから。でもこのブログを始める前につかっていたniftyのNotebookというサービスはいつの間にか終了して、バックアップを取り損ねて膨大な文章が霧散してしまったわけだけど。

それらを1つにまとめるサイトがある。ソニーが運営しているLife-X(ライフ・エックス)がそれ。細かい説明はLife-Xのサイトで見てもらうとして、カタカナ語で言えばいわゆるマッシュアップ・ライフログというやつ。だけど、いまいち使い勝手がよろしくない。

まず、対応しているサービスが少ない(それでもブログやPicasaやflickrに対応しているだけでもものすごく助かるが)。どちらかというと写真や文章を共有しようという「横へのつながり」を促進する方向に向かっているので、あんまり友達が少ない・作ろうとも思わない・作ろうと思ってもできないし、そのためにあくせくするのがダルいと考える自分にとっては、積極的にアクセスする気になれない。mixiなんかもそうなわけなんだけど。

自分もメディアの片隅で生きている人間だからトラフィックを増やして広告による儲けを増やそうという発想は十分に理解できるが、あくまでもプライベートなんだけど、でもちょっと誰かには見てもらいたい、という微妙なラインをなぞってくれるサービスが欲しい。どれもこれもネットワークすること、拡大再生産することに一生懸命なのがちょっと疲れる。や、資本主義の世の中だからトラフィックを増やそうとすることは全然悪いことだとは思わないんだけれども、そういうのを志向しない人も少なからずいるわけで、選択の幅がどんどん失われていくことに疑問を感じる。

|

December 13, 2008

もう年末!

忘年会のシーズン到来。自分で金を払わないとなるととたんに酒量が増えてしまう。だけれども、このところのカロリーコントロールでメタボからはちょっと遠ざかることができた、ような気がする。

そんなわけで今日は休みなので家でごろごろ。家にいるときは飯も食わずにひたすらごろごろしている。目が覚めたらDVDを見たり、ネットをしたり。で、また眠くなったらこたつにもぐって寝る。学生の時のような自堕落な時間を過ごせるのがとても好きなので…。

名古屋から町田に帰ってきてからはやくも2年あまりが過ぎた。わたしの周りは大きく変化しているけれど、自分はこのまま適当に生きていくのもいい。年明けはまたデトロイトにいってきます。

|

December 04, 2008

いつのまにやら

(1)
いつのまにやら12月。常用のパソコンをMacに移行したのだけれど、ぜんぜん慣れなくて最初の3日間はほとんど仕事にならず。

ネックはブラウザとメールの環境移行で、WindowsのFirefoxからMacのFirefoxへのブックマークの移行が思いのほか苦戦。あと、メールはジャストシステムの手裏剣を使っていたのだが当然MacOS版などないので、Thunderbirdへ移行。

でもハードウエア・ソフトウェアともMacはひたすら軽いので、ストレスがない。やはり軽さは大事。


(2)
忘年会シーズン。カロリーコントロールの身ながら、やはりアルコールの魅力には勝てず。

|

« November 2008 | Main | January 2009 »