« まだ使いこなせず | Main | Mac覚え書き »

December 23, 2008

カクバリズム

渋谷クラブクアトロ。キセル/rei harakami/二階堂和美というラインナップ。忘年会まっさかりのセンター街を突っ切ってクアトロへ。

会場はギュウギュウでもなく、ゆるゆるでもなくほどよく人が入っていた。

トップバッターのキセルは相変わらずのリラックスしたムード。この秋にリキッドルームで彼らのワンマンを見たばかりだけれど、ダブ+フォークソングのディープな世界観は相変わらず。弟さんの作る曲はフィッシュマンズのロングシーズンみたいでフォーキーでフリーキー。

2番手のrei harakami。短いライブではあったけれどすばらしかった。彼には10分以上の曲が数曲あるがそれのどれもが名曲。今回はそのうちの2曲、"joy"と"schw schw"を立て続けに演奏。joyについてはいろんなところで耳にするので説明不要だが、schw schwはドラムンベース+ダブ+いまや懐かしいハッピーハードコア(トランス)風のタコ踊りチューン。天井知らずのカタルシスに、場所が場所ならば狂っていたところだった。前の人たちは仁王立ちだったけれど…。ま、音楽の感じ方なんて十人十色っていうもんさ。

二階堂和美は、天真爛漫、自由奔放という言葉がよく似合う。自分の感情を隠し立てしない。そしてなによりも歌がひたすらにうまい。それだけではなくて、彼女の歌を聴いているとよくできた演劇をみているように、彼女自身の世界に没入していくと同時に自分もその世界に引き込まれていく感覚になる。

その演劇性を支えているのは、彼女の(意図的にせよ無意識的にせよ)感情移入できる“演技力”と、比較対象が見あたらないくらいの“歌唱力”だろう。自分なりにライブの記憶を思い出すと、海外ではBjörk、日本のアーティストではUAや小島麻由美あたりもうまいと思ったが、二階堂さんの歌はそれを超える。

それと今回のライブでは、前半は旧作からのテンション高めチューン、後半からは新しく出したカバーアルバムからのしっとりした曲、という構成もよかった。アイドル風の応援団?の合いの手にはちょっぴり引いてしまったけれど…。

Lovers Rockでいったん演奏を終え、続くアンコールでは心待ちにしていたrei harakamiとの「虚離より」で共演。これがまたすばらしかった。ソロに比べて一歩引いたrei harakamiの演奏。そして言葉として読んでみる分には抽象的きわまりないのだけれど、メロディに乗ると妙に印象に残る詞がまた強烈。

最後は今日登場のキセル、エマーソン北村、rei harakamiによるオールスター共演。harakamiはなぜかキーボードで参加。打ち合わせなし(本人たち談)ということで最初はむちゃくちゃ戸惑っていたが、ソロパートもちゃんとこなせていたあたりがさすがミュージシャン。

ともかくも1年のしめくくりにふさわしいライブだった。

|

« まだ使いこなせず | Main | Mac覚え書き »