« 腰が… | Main | Geneva »

February 23, 2009

Teenage Flashbak

Imgk4779
髪を切りに原宿へ。いつもの美容師さん。名古屋時代のブランクはあるものの、学生時代からのおつきあいで、初めて会ってから7−8年は経っている。昔は50年代ファッションだったが、さいきんはやたら色が黒くて、じゃっかんBボーイ入り気味。

服のセンスに疑問符が付くとはいえ、カットのスキルは確実に向上していると思う。もっとも自分はここ10年髪型がほぼ変わっていないわけですが…。恐れるのはハゲくらい。

そのあと、渋谷のアップリンクで映画を見て、HMVでCDとDVDを買って帰宅。今回買ったのは、サニーデイ・サービスのPV集『Teenage Flashback 1995-2000』(DVD)とJulie Doironの『Woke myself up』(CD)。

サニーデイはなにがいいって、若い頃の曽我部さんがいい。『東京』のころあたりまでは、細くて、白くて、長髪で、服のセンスも決して洗練されていなくて、愛想がなくて。でも、目を離すことができない圧倒的な存在感という、この不思議さ。「あじさい」のPVなんてサイコー。『サニーデイ・サービス』や『24時』の頃のバンドらしい一体感もいい。

それと、感動的にすばらしいのはライヴだ。「海岸行き」と「週末」の心が洗われるような響きは野外に最高にあっているし、そして「ここで逢いましょう」の荒れ狂うギターは、和製ニール・ヤングという形容がぴったり。90年代後半から2000年初頭に青春時代を送った人でちょっとでも音楽が好きだった人には過去のことが思い出されて泣けてくる一枚。どっかに行ってしまった高校時代のアルバム代わりになる。

Julie Doironは…、こういうボーカルが好きなんです。

|

« 腰が… | Main | Geneva »