« 隣の家で | Main | 久しぶりにCD屋へ »

April 09, 2009

悩ましきオンラインストレージ

仕事でもプライベートでも写真を大量に撮るので、またそれらのデータを他の人と共有することが多いので、データの散逸防止のためにいわゆるオンラインストレージを利用している。

この手のサービスは有料・無料いろいろあるが、信頼性や容量・回線速度という点で言えばやはり有料サービスに安心感がある。いま利用しているのは、Justsystemsのinternetdisk、GoogleのPicasa Web Albums、そして米国Yahoo!のFlickr

このうち、internetdiskは仕事などで画像以外のファイルをやりとりするのに使っている。プライベートでとっておくための保存先としては低価格で容量無制限のFlickrが抜群。Last.fmとの画像共有機能もあったり、アップロード用アプリの使い勝手もよい。Windowsマシンをつかっていたときはもっぱら写真の保存先に使っていたが、MacBookい乗り換えてからは、そして年明けにPicasaのMac版(β)が登場してからはもっぱらWeb Albumsを利用するようになってしまった。AppleのMobileMeという手もあるが、iPhotoのUIにいまひとつ慣れきらないのと。これ以上有料サービスを使うのも分散して効率が悪い。

だがPicasa Web Albumsにも問題がある。容量は無料分も含めて11GBで、使用済み容量はすでに10GBに迫る。ほどなくして逼迫するのは目に見えている。11GBで年間20ドル、この次に大きい容量の41GBは年間75ドル。月額換算すればたいした額ではないけれど、それでも悩む。いままでのペースで写真が増えていけば、2年後くらいにはもう40GBは使い切っているだろうから。いちいち写真を選別することなく、加工や修正のついでにアルバム丸ごとアップロードできるのがPicasaの便利さなので、この特徴は捨てなくないし。たぶん、けっきょくはPicasaの容量を増やすのだろうが、それにしても悩ましい。

|

« 隣の家で | Main | 久しぶりにCD屋へ »