« ちょっとだけ宣伝 | Main | ちくま新書『社会思想史を学ぶ』山脇直司 »

March 22, 2010

中古オーディオ

2年ほど前にCDプレーヤーが壊れてからというもの、音楽はもっぱらiTunesへのリッピング&AirTunesで聴いている。ハッキリ言って自分は音質にこだわるほうではない。ただ、録音環境のあまりよろしくないロック/テクノがメインならともかく、ポストロック系などになるとソースの音質もマシになるし、入力の小さい生楽器の占めるウエイトが高くなるので、多少は再生環境に気を遣いたくなる。

そんなわけでここ数年、多少はいい音で音楽を楽しみたいとは思うようになってきた。ただし、マニアでないのできるだけカネはかけたくない。

そうなると必然的なソリューションは、中古品となる。それもヤフオク。店で売っているセカンドハンズ物はメンテは行き届いているのだろうが、傾向的にオークション相場よりも2-3倍は値が高く、支出に見合わないし気軽に買えない。

アンプは前の会社の先輩から譲り受けたソニーTA-F510R。1995年製。こう言っては失礼だが、ローエンド中のローエンドで、スピーカーセレクターのスイッチも欠けていたりと見た目はひじょうに貧相。ヤフオクだと5000円で手に入る。とはいうものの、鳴らすスピーカーにもよるが2-3万円程度のCDラジカセやシステムコンポと比べる音質は段違いだ。

そのF510Rと組み合わせているスピーカーはテクニクスのSB-M300。こちらも生産年は1995年。やたら凝った内部構造を持つので高さ40センチに満たないサイズなのに1本10kgを超えていたりと非常に重い。石でも中に入っているんじゃないかと思ったほどだ。M300も決して高級品ではないが、音にはそれなりの迫力とクオリティがあり、個人的には気に入っているスピーカー。ただし、ドンシャリではなくふくよかな出力特性を持つので、それなりのボリュームで聴かないと音がこもりやすい。


つい最近、アンプの左チャンネルから音が出なくなっているのに気がついた。チャンネル入力を逆に入れ替えると反対側のスピーカーはちゃんと鳴っており、入力ソースを変えても左チャンネルから再生されない。ソースダイレクトにしても同様。故障の原因はアンプ側、それも単なる接点不良ではないはず。とりあえず触れる範囲の接点部分をクリーニングして接点復活剤をスプレーしたが効果なし。

“このアンプを譲り受けてからもう5年、(パンダと同じ)15年選手。もうそろそろ買い換え時かな…。安い中古品でも探そう”。そう考えて、さっそくヤフオクを物色。おっ買いものーは楽しいナー。

で、ソニーのTA-F333ESRという中級クラスアンプを9000円でゲット。いちおう完動品とのこと。ただし88年製ということでさらに古い物を買ってしまうこの有様。さきほど発送連絡が来て、明日あたりには到着の模様。

それにしても80年代末から90年代半ばくらいまでの中古オーディオ、それも定価5-10万円クラスのいわゆるミドルクラスの普及機は流通量が豊富で、当時の定価と比べるとオークションの相場もべらぼうに安い。それらの多くはまだ日本国内製ということで、新品には及ぶべくもないものの、まだまだ現役で使える性能は保持している。ピックアップなど光学系パーツとその周辺が壊れやすいCDプレーヤーなどはちょっと怖くて買えないけれど、アンプとスピーカーはよほど手荒に扱われた物でもない限り、中古品でもそれなりに安心して買える。

早くアンプ、届かないかな。

というわけで、ちょっと嬉しくなってそんなことを書いていた矢先、F510RとつなぐAirMac Express側の端子がちゃんと奥まで入っていなかったことを発見。しっかり接続したら両チャンネルから音が出た…。あらら。

自分のケアレスミスのせいでしょうもないオチになってしまったが、9000円の出費で済んでよかった、と自分を納得させることにした。

|

« ちょっとだけ宣伝 | Main | ちくま新書『社会思想史を学ぶ』山脇直司 »