« コイン洗車のよくある光景 | Main | ちくま新書『貧困化するホワイトカラー』森岡孝二 »

April 13, 2010

333ESR

Imgk7598ヤフオクで安く買ったソニーのプリメインアンプ「TA-F333ESR」。20年以上前の年代物。20kgを超える重量は、今ではちょっと考えられない。ちなみに現行品の同価格帯「TA-F501」の重量は5kgにも満たない。

さすがに最新機に及ぶべくもないとは思うが、10年前のローエンドアンプと比べると音質はまさに別物。音の解像感だけでなく低音のキックやクリアな高音は、スピーカーを変えたくらいのインパクトがある。

当時はまさにバブル期、物量の限りを尽くして投入されたものであるというのはカタログなどを見ているとよく分かる。CDが登場したばかりで、7-10万円代の中級機が飛ぶように売れていた時代だ。ただし、消費電力もバブル級。

自分の聴き方はもっぱらSource Directなのだが、当時はこれでもかというツマミの数(=設定の幅)が性能の証だったんだろう。

|

« コイン洗車のよくある光景 | Main | ちくま新書『貧困化するホワイトカラー』森岡孝二 »