« mixi | Main | In Toilet »

April 28, 2010

Ustream Shockに“YouはShock”

あまりにもダサすぎる記事タイトルですんません。

Ustreamのデリック・メイの生DJには本気でしびれた。ストリーミングのネット中継はこれまでもたくさん見てきたけれど、画質・音質は悪いし音は途切れるしで、テレビやラジオの劣化版というイメージが強かったのだが、このイベントで完全に考えがあらたまった。

なんでDJのライブプレイに惹かれたのか。それはマーケットに起因するところが大きいだろう。デリック・メイと聞いて実際にクラブに足を運ぶ人達は、まぎれもなくコア中のコアにすぎない。でも、たとえ惹かれても足を運ぶにはいたらない人は何千人・何万人といる。自分も含めて。すくなくともネットのリテラシーを持つ人に限られるUstreamで、1万人のオーディエンスを獲得できたのだから、その影響力はたいしたものだ。

加えて、たんなる生中継の域を超えて、テレビ的あるいはラジオ的規格を超えた演出がよかった。映像の演出がまさにクラブのそれで、一度でも大音響と闇と光と喋り声が入り交じる閉じた空間に過ごした体験がある人なら、あたかも自分がその場にいるような感覚へとたやすくトリップできる。今回はVJがいたわけではないようだけれど、それっぽいAR的な演出がやりやすいテクノ/ハウスはUstreamとじつに親和性が高いように感じた。

てなわけで、個人的にはネット業界を揺るがしたモバゲーとYahoo!との提携ニュースよりも数十倍はインパクトが強かったこのイベント。ageHaやELEVENといった知名度の高い(でもちょっと敷居の高い)クラブはぜったい連携すべきだろう。この手の仕事にはいちど関わってみたいとは思うけど、自分の専門領域とはちょっと遠すぎるなあ。

|

« mixi | Main | In Toilet »