« April 2010 | Main | June 2010 »

May 30, 2010

『聖家族〜大和路』

久しぶりの映画評。秋原正俊監督の『聖家族〜大和路』を新宿三丁目のケイズシネマで見た。原作は堀辰雄。開高健や武田泰淳と並んで、彼の飄々とした世界観はものすごく好きだった。

本当は安藤モモ子の『カケラ』が目当てだったが、レイトショーということで平日でも見られそうだったので、こちらを優先することに。

この映画、某映画レビューサイトでは5点満点中1点台の酷評ぶり。キャスト的にも、シチュエーション的にも悪くなさそうなのに、なんでこんなに評点が低いのだろう。それを確かめるため、ということもあった。

主人公役の片桐仁のたたずまいは、画家としての雰囲気があって悪くない。が、喋らせると大根。ときおり放つ文学的修辞がちょっと白々しい。

画家として偉大な師を持つ弟子の苦悩は、たしかに伝わってくる。けれども、ちっとも絵が描けないのに女だけは寄ってくるという不思議は何だ。途中で出てきた女漫画家の山下、師の忘れ形見でもある絹子、突然現れるダンサー役の神崎。特に山下は、中途半端で登場してくる意味が希薄。神崎はデートの約束をすっぽぬかして途中で姿を消す。で、残った絹子と結ばれるかというと、そういう雰囲気を漂わせるだけで、いつのまにかエンディング。

75分という短い尺にいろんなドラマを詰めこもうとした結果、物語として消化不良に陥ってしまった印象がある。映画館の回転率を考慮した結果の尺設定なのかも知れないが、見る人に納得させるだけの内容として見せるには、少なくとも前後譚をしっかり説明するべき。そう考えると90分以上の尺は必要だろう。これでは堀辰雄も浮かばれない。演出やカメラワークなどほかにもいろいろ突っ込みどころはたくさんあるけれど、これくらいにしておこう。

監督である秋原氏の日本文学への傾倒と、伝統的な日本文化にたいする憧憬の念は十分に理解できた。その熱意をもっと洗練させたカタチで映像に昇華させてほしい。作品のテイストは全く別だがこの前見た河瀬直美との力量の差が出すぎてて、ちょっといたたまれなくなった。

|

May 28, 2010

272E

先月買ったタムロンの90mmマクロ(272E)が思いのほか活躍している。購入当初は、もっぱら接写とポートレート用途を考えていたけれど、クルマのエクステリアやディテールを撮るのにも役に立つ。

Imgk2779絞り開放だと背景がふわっとボケてくれるし、絞れば単焦点らしいシャープさも。いままでは試乗会とかでクルマ撮るのはルーチンで楽しくなかったけれど、このレンズを手に入れてからは構図とかにも凝る気が沸いてきた。ときおりアクセントで魚眼ズームを使うこともあるけれど、この90mmマクロとPENTAXの16-45mmでほとんどの撮影は事足りる。FA 50mmはコンパクトでいいのだが、寄れないのがちょっと痛い。だけど夜とかのスナップではF1.4が無類の強さを発揮するから、手放すわけにも行かない。

レンズが充実すると、リプレイスをしたくなるのがボディ。K20Dにバッテリーグリップとクリップオンストロボを組み合わせたときの迫力は、いかにも中級機という風情だが、さすがにスペック(画素数というよりも体感性能)は旧式化しつつある。連写性能はこのままでも十分だけど、気になるのはミラーショック。キヤノンやニコン機と比べても盛大に鳴るシャッター音は閉口もの。それとISO800でも厳しい高感度ノイズの改善にも期待。

いまさらK-7というわけにも行かないので、後継機の登場を切に望む。でも安くなるのを待ってから、なのでターゲットは年末あたりか。ときおり猛烈にわき上がるiPadの購入衝動をいかにおさえられるかが鍵。

|

May 25, 2010

HOLY FUCK 『Latin』

めずらしくCDをまとめ買いしてしまった。

クラムボン『2010』、HOLY FUCK 『Latin』、Rusko『O.M.G.!』、そしてJohn Butler Trio『April Uprising』。

Imgk23631なにはなくともHOLY FUCK 『Latin』。最初はなんだか妙に淡々としていて、なんだかNUE!みたい。悪くはないんだけど、ちょっとバンド名ライクな変態ぶりがなりを潜めてしまったか…、と思ったが、後半に行くにつれて鳥肌立ちまくりの狂気っぷり。とくに“Silva & Grimes”あたり以降の流れがすさまじい。

彼らのいいところは、ボアダムズのように突き抜けて遠くに行ってしまうことはなく(それはそれで魅力だけれど)、あくまでも最低限のポップさを担保しているところ。若さと勢いで前のめり一辺倒だった前作も良かったが、“タメ”を作れるようになって、抑揚をうまく使いこなせるようになった本作を聞くと、ちょっと底知れないものを感じた。Battlesの『Mirrored』以来の衝撃。もーれつに単独が見たいバンド。

クラムボン『2010』も良かった。いろんなジャンルの音楽を飲み込んだ本作は、ラップの「Sooo, Quiet」が詞も曲も白眉。

RuskoとJBTは、フェスティバル仕様。聞いているだけで、自分がレッドマーキーに、あるいはホワイトステージの前に立っている。そんな情景が浮かぶ。

|

May 22, 2010

Gainerian in May

Imgk22331今月の『Gainer』。一瞬『Chintai』かと思った。や、住むところは事足りているんですけど…って感じ。EXILEとかいうヤンキー風コーラス&ダンス歌謡グループの一員が表紙。売れないマジシャンみたいだ。そういえば中学生の時「チューチュートレイン」って流行ったなあ。

6月号ということで、定番のブライダル特集。表紙には「そろそろ結婚してみますか?」って問いかけが。世の中の非モテ男性を敵に回すようなコピーが上から目線過ぎてまずウザい。ここでは、自分が結婚式の当事者になったばあいのスタイリングやリングの選び方等々の話題だけでなく、式や披露宴に“呼ばれる側”になった際のドレスアップまで伝授してくれる。ただ、結婚式とはいえさすがに蝶ネクタイにタキシードはいくら何でも気合い入れすぎなんじゃないの?

Imgk22361個人的に響いたのは綴じ込みになっている「6月の通勤着回しダイアリー」。テーマは、「女子モテも上司ウケもしっかりクリアして、気分よく夏を乗り切ろう!」と女子モテを真っ先に狙っているあたり、動機がまず不純なところが素敵。でもこういうキャラ、広告代理店とかにはたくさんいるような気がする。

「得意先回り」「ミーティング三昧」「企画が通らず休日出勤」「部長のお供でクライアント接待」「企画案を見せるもNGが…」「企画案提出でOKが!細部を詰めて深夜残業…」「今日は軽い社内打ち合わせだけで直帰予定!」「クライアントの創業周年記念パーティへ出席」とか自分的にも結構ありえるシチュエーションなので、たしかに惹かれる。

読み物としてはとても面白いが、これが参考になるか、と言われると…、正直ならない。仕事の現場はこんなにスマートではないし、こんなに年中カッコつけてもいられない。この企画に習って、メディア編集&営業の6月ダイアリーをつくったら、この業界に失望する人続出だろう。自分はこの泥臭さが逆に好きなんですが。

|

May 21, 2010

さよならPanda

Imgp3545およそ5年乗ったFiat Pandaを明日手放す。感傷に浸って悲しいというより、“面白い奴だったな、アイツは”という感慨のほうが大きい。旧miniや旧ビートルのほうが一般受けするが、一部のクルマ好きや料金所のおじさんにはPandaは大人気。いかにも70年代後半然としたカクカクデザインは今だからこそ新鮮だ。

何よりも、ああ見えて本当によく走る。年に1回は青森まで遠征したし、その余勢を駆って北海道にも上陸。中国地方や四国にも行った。とくに110-120km/h程度の速度での安定感はさすが。欧州の高速道路は平均速度が130km/h以上と速く、古いクルマはほとんど見かけることはないが、日本の旧態依然な道路行政はPandaのようなクルマも(趣味グルマとしてではなく)実用車として生きながらえさせてくれる環境と言える。シートは、どう見てもカネかけているようには見えないのだが、不思議と座り心地が良く、腰や背中も痛くならない。

Imgk9080そして荷物も詰める。名古屋から実家への帰省には主要な家財道具をPandaに積んで(人によっては夜逃げのようにも見えただろう)帰ったし、家具や無駄にでかいスピーカーなども平気で飲み込む。また床がけっこう低いのでFitほどでないにせよ天地のあるものも積めるあたり、使い勝手も十分。miniやビートルとの大きな違いは、クルマにパッケージングや積載能力といった実用性への配慮の有無にあると思う。単に走れるだけではなくて、どれだけ人が乗せられるか、荷物が積めるか。“パッケージングの鬼才”といわれたジョルジェット・ジウジアーロの面目躍如といったところ。彼はスポーツカーよりも、Pandaやゴルフ、あるいはプントのようなパッケージングの妙が問われる実用車を手がけると、無類の才能を発揮する人だと、個人的には思っている。

てなわけでPandaは、いろんな人に乗ってもらいたいクルマだった。こんなに小さくて、こんなに古くさいけど、意外によく走るでしょう?愛敬のあるクルマでしょう?というのをアピールしたかった。なので、このブログを読んでいらっしゃる方の多くは、自分のPandaにお乗せしたことのある人が多いと思います。

ところで、イタリア車と言えば、切っても切り離せないのが故障にまつわる話。実際ふた言目には、よく“壊れるんじゃないの?”と聞かれるが、基本的に一通りのメンテをしていれば「そう簡単には壊れない」。気をつけたいのは、タイミングベルト/バッテリー/オルタネーター/マフラー/クラッチ(ディスク/ケーブル)。これらを適切なタイミングで交換していればまず、大丈夫だと思う。そんなに?と思うかも知れないが、Pandaはパーツの単価が安いから壊れたとしても数千円から数万円。ヘビーな出費になることはまずない。

もちろん10万km20万kmとなると、ヘッド上のエンジンオーバーホールや、ダンパーの交換、冷却系(ラジエータコア/ホース/バルブ)や燃料系(フューエルポンプ/ホース)の調整は必要だろうと思うが、そもそもパーツ代が安いので、スパンを決めてメンテしていればそれほど無理な出費にはならないと思う。国産車のように完璧ではない。大金はたいて全部直そうと意気込むと、かえって思わぬ所にトラブルが発生してショックをうける。ポイントを決めて定期的にひとつひとつ問題を解決していくくらいの覚悟でいれば、トータルの出費は少なくて済むはず。要はメンテをサボらないことだ。これはPandaに限らずどんな古いクルマにも当てはまることではあるけれど。

Dsc_0077ともあれ、ボディがペラペラで軽くて、中は案外広くて、燃費がべらぼうに良くて、キビキビしてて、というPandaのようなクルマはもう二度とこの世に出てくることはないだろう。新しいクルマにはいつでも乗れるが、無くなりゆくクルマにはそうそう乗れない。Pandaにまつわる話は山ほどあるけれど、これくらいにしておこう。

明日はピカピカに洗って、Pandaとさよならします。

|

May 19, 2010

TAICOCLUBチケ到着

Imgk18131TAICOCLUBのチケットが着いた。自分にとってのフェスティバルシーズン到来。9月には新潟の津南で“TAICOCLUB camps '10”なるイベントを開催とのこと。サマソニ(行くかどうか分からないけど)と朝霧のちょうど真ん中アタリで、タイミング的にはなかなか魅力的。9月の真ん中なら高原でもキャンプはなんとか大丈夫だろう。信頼に足る呼び屋なのでラインナップの安心感もある。

自分がその場にいることを想像するだけでもすごく楽しみ。休みたい。

|

May 16, 2010

クルマ選び顛末

Pandaの車検を5月下旬に控え、車検を通してあと2年乗るべきかそれとも乗り換えるべきか、ひと月前あたりからけっこう迷っていた。というのは、このPandaはタイミングベルト、クラッチ、ブッシュ/ロワアームと、あと2年乗る上で必要な整備がけっこうあったから。いままでの経験上これらの整備と車検代を勘案すると、30万近くいくだろうということは目に見えていた。

30万出すくらいなら、そのお金を頭金にして、別にクルマを買う、という選択肢も出てくる。もちろんPandaはココロの底から愛してはいるが…、オドメーターを見ると24万kmに限りなく近づいている。最低限の整備以外にも、少なくともヘッド上のエンジンオーバーホールもやらねばならんだろうし、ダンパーも相当にへたっている。遠からず相応の出費は考えなければならないだろう。

Imgk0878そこで都内のとあるアルファロメオ/フィアット正規ディーラー。目当ては某中古車ウェブサイトに掲載されていたAlfa147 2.0 Twinspark。フェイスリフト直前の'05モデル、5ドア・左ハンドル・MT、そしてファブリックシートの内装にホワイトのボディカラーという組み合わせだ。おまけに値段も手頃。正直言えば本当は赤が良かったけれど、色褪せ等を考えると、赤よりは白の方がマシ。シルバーや黒は没個性なので個人的には最初から却下。

でも実は、もっと気になっていたクルマがあった。同じ店に在庫していた、赤のAlfa GT 3.2 V6 24Vだ。こちらも左ハンドル。4気筒にMTがあれば最高なのだが、残念ながらGTの正規輸入モデルにJTSのMTモデルは存在しない。ベルトーネの卓越したデザイン、いまどき浮世離れした巨大な2ドアとインマニ光り輝く大排気量の6気筒ユニット、もう伊達男を地で行くスタイルは最高にしびれる存在だ。とはいっても、6気筒は燃費の面でも税金の面でもあまりにもコストがかかりすぎる。車両本体の値段も2.0Twinsparkの倍以上。

Alfa GT 3.2 V6を買う選択肢が出てくると、永遠の憧れでもあるポルシェ911 930 カレラという話もでてくる。人間の欲望というのは際限がない。

とはいえいま使っているPandaでも動力性能的には十分以上。高速道路の制限速度が100km/hのこの島国で、1100ccの排気量で満足できている身にとっては、3000cc以上の排気量など無用の長物以外の何ものでもない(初めてのスピード違反もPandaで犯したし…)。そんなわけで、必然的に選択肢は、先に挙げた2.0 Twinsparkと相成った。

店に行く前は買うか買わないかは五分五分のつもりだったが、クルマを見たら買いたくなるというのはわかりきっていたこと。店に行く時点で結果は決まっていた。後ろめたさを感じつつも、新しい伴侶を決めた。Pandaは車検の切れる24日をもってドナドナということに。

Aomori_hokkaido102とにかくPandaには、この5年の間、ほんとうにいろんな経験をさせてもらった。クルマは壊れるモノだというのはこのクルマを通じて学んだし、(人間のカラダと同じように)壊れる前にはたいてい何らかの予兆があること、たとえ壊れても適切な対処法さえ取ればそんな大きな問題ではないと言うこと、そして外国車ならば現地仕様で乗るのがもっとも自然だと言うこと(欧州で北米でレンタカーを借りるとそれは実感できる)もこのクルマを通じて学んだ。

Pandaについては、また書くことはあるだろうから、その機会に譲ろう。今日もコイン洗車で洗ってきたが、小さいボディはやっぱり洗いやすくていい。リペイントしたボディはまだ艶を保っている。写真は08年の夏に北海道へ行ったときの写真。向こうに見えるのは五稜郭タワー。

|

May 15, 2010

大澤真幸『不可能性の時代』(岩波新書)

Imgk08641見田宗介の衣鉢を継ぐ気鋭の社会学者。といっても今ではかなりのベテランだけど。

本書は、とにかく切れ味鋭い同時代分析論。近代哲学から直近の国内の社会学文献までを猟渉し批判的に受容する柔軟さと見識の深さには頭が下がるばかり。

優れて理論的でありながら大上段に構えている風でもなく、感覚的にも同意できる俗っぽさを備えているも見田ゆずりだ。

「すなわち、現代の現実を秩序づけている反現実は、」直接には見えていない「不可能性」である。「理想→虚構→不可能性」という順で、基準的な反現実の反現実性の度合いは、さらに高まっているのである。われわれが今、その入り口にいる時代は、「不可能性の時代」と呼ぶのが適切だ」(166-167)

「<不可能性>とは、<他者>のことではないか。人は、<他者>を求めている。と同時に、<他者>と関係することができず、<他者>を恐れてもいる。求められていると同時に、忌避もされているこの<他者>こそ、<不可能性>の本体ではないだろうか」(192)

他人とは関係を持ちたいが、持ちなくない。近づきたくないけど近づきたい。どんなに親しい仲であろうとも、アナタはワタシではない。ワタシはアナタのことを100%分かることはないだろうし、同様にアナタはワタシのことを100%分かることは決してないだろう。そんなことは当然だ。むしろ、その考え方の違いを見つける“発見”の歓びを尊重すべきなのだろうと思う。

|

May 14, 2010

真夜中苗場

フジの金曜にGreen Velvet追加。ダブステップ勢が目に付いたこの日の深夜ラインナップだったけど、ここに来てアンフェタミン系ディープハウスと来たか。日曜はまりんが登場。『TAKE OFF AND LANDING』とか『LOVEBEAT』とかに猛烈に思い入れのある自分としては非常に見たいが、とてもじゃないが起きていられないだろう。体力の限界!

|

« April 2010 | Main | June 2010 »