« 奥村宏『経済学は死んだのか』(平凡社新書) | Main | ソウル・パワー »

June 15, 2010

雑誌解説・今月の『Gainer』(2010July)

Imgp62561発売日当日の購入が欠かせなくなった『Gainer』。今月のお題は、「夏に勝つ!」。

ジメジメしてて、やたらと暑い日本の夏。この季節、多感な30代男性にとっての天敵は「臭い」。てなわけで、表紙には日本で最も臭わなさそうな、あるいは臭いではなく“薫り”が漂っていそうな男性であるキムタクが表紙。

Imgp62571焦点を絞って解説。個人的にグッと来たのは、やっぱりその“臭い”特集。具体的には、「体が臭い!」「足が臭い!」「脇が臭い!」「頭が臭い!」しまいにゃ「股が臭い!」と臭いのオンパレード。えーっと、僕の股間ってそんなに臭いますか…、と自分の存在を全否定されているような気分になるほどのスメル強調っぷりには鳥肌が立つ。

Imgp62591てか、股は臭いのがふつうだし、股が臭くない奴なんてまずいなし、オトコなんて股が臭くてナンボでしょ。なんなら嗅がせてあげましょうか、え? …と開き直る度胸を持ち合わせていない自分にとって、特集トビラの女性モデルの最悪な顔(「くっさぁ〜い」:左写真)は悔い改めようとする動機を与えるのに十分。この号を見るたびに本気で消臭ボクサー買いそう。Gainerianでも臭いだけはGainしちゃあかんね。ああ、もうGainer様々です…。

|

« 奥村宏『経済学は死んだのか』(平凡社新書) | Main | ソウル・パワー »