« 小谷野敦『日本文化論のインチキ』幻冬舎新書 | Main | K100Dの処遇 »

July 28, 2010

PENTAX K-7

PENTAX『K-7』を入手。次期モデルの登場までとずっと我慢しようと思っていたのだが、底値となっている現状を指をくわえて見ているわけにも行かなかった。

Dsc00060K100D→K20D→そしてK-7という変遷を経ているが、K100DとK20Dとの違いよりもK20DとK-7との違いの方が明らかに大きい。性能的な差というより、K10D/K20DのCanon/Nikon的大艦巨砲主義(といっては大げさかな)からPENTAXが本来得意としていた小型・高性能への路線変更による設計思想の違いが大きいように感じる。まだ2000枚弱しか撮っていないが、とりあえずファーストインプレッションを。

見た目は良好。*istDからK20Dまで引き継いできた“なで肩”デザインは気に入っていたけれど、K-7はこれでキヤノンともニコンとも違う味を出している。さすがにコンパクトで、標準レンズとしては大柄なDA16-45mm F4を装着してケースに入れても余裕がある。ただ握ってみて感じたのは、幅こそコンパクトだが、思ったよりボディに厚みがあるということ。また容積の割には密度感があってずっしりと重みがある。

とまどったのはUI。何が違うって再生ボタン。液晶左下に置かれていた再生ボタンは左上に移設。慣れというのは恐ろしいもので、今でもついついボタンのない液晶の左下を押してしまう。それと、メモリカードフォーマットの階層が一気に下になったのは改悪。

画質は高感度ノイズの改善ぶりには満足。ISO800はK20Dでは正直使い物にならなかったが、K-7では実用に足るレベルに達している。FA 35mm F2やFA50mm F1.4といった明るいレンズと組み合わせれば、夜のスナップでは大いに活躍してくれそうでとても楽しみ。AFの精度とスピード向上も実感できるものだ。なお今回はバッテリーグリップも合わせて購入。単三電池が使えるのは確かに便利だが、マガジンに挿すには6本必要なのでエネループあたりの水素ニッケル電池を使うとそうとう重い。充電や重量の面を考えれば標準のリチウムイオン電池を使った方がハンドリングは良さそう。

ちょっと戸惑っているのは、長秒時撮影の際の振る舞い。K20DではTvやマニュアルモードではシャッタースピードに比例して撮影者側で露出を変えることができたのだが、K-7だとどんなに長いシャッタースピードでも露出が(もちろん感度も)一定。なんでだろう? このあたりはまだ使い込み不足なので今後の課題。それにしても、仕事でかなりヘビーに一眼レフを使う自分だが、さすがに3台もボディを所有する必要はない。とくにK100Dは高感度の強さを買って残しているが、もうそろそろお役ご免ということになりそう。

|

« 小谷野敦『日本文化論のインチキ』幻冬舎新書 | Main | K100Dの処遇 »