« K100Dの処遇 | Main | 文学フリマ申し込み »

August 15, 2010

本屋にて

Imgp25651たしかまだ読みかけの新書が2、3冊あったはずだが、ブックファースト寄った勢いで3冊買った。1冊は趣味のクルマ本。のこり2冊がこれ。

自分が学生時代だったころ北田暁大はヒーローだった。(自分の大学生当時)30歳に満たない弱冠ながらつぎつぎと社会学の骨太な理論的論考を送り出していたから。見田宗介〜大澤真幸の衣鉢を継ぐ、といったら大げさかも知れないが、サブカルチャーに通じて妙に軽薄な印象のあった東浩紀とは一線を画していた。といいつつも単行本を買っているのは北田よりも東のほうなわけなんだが…。てなわけで久しぶりの北田本。ただ、いつものクセで読む前に奥付を開いたら2005年発行の2刷に過ぎなかったことを発見して愕然。売れなかったのね…。

中野の本は、仮にも丸山眞男を研究対象としていたという思いから。とはいっても丸山に関する本は、選書や新書でごまかしてきた程度。いつかは全集を読み直さなくちゃ…ってかれこれ5年くらい思い続けている。

|

« K100Dの処遇 | Main | 文学フリマ申し込み »