« March 2011 | Main | July 2011 »

June 30, 2011

三田誠広『マルクスの逆襲』集英社新書(2009)

Imgp9246なんだか読み進めていくうちに文学者らしいナイーブさが表に出すぎているなあ、という印象と、いまの”実感”を文章にさせたらこの人の右に出る人はいないなあ、と思ったりも。『僕って何』、好きだったんだけどなあ。

「高校の研究会の仲間達が中心になって、わたしたちは大学生のデモに参加することになった。両側を大学生に守られた、ひよわな感じのでもであったが、御堂筋をいっぱいに拡がって行進するフランスデモも体験した。多いときはわたしたちの高校から50人くらいの生徒がデモに参加した。それまでごくふつうのガリ勉タイプだった生徒までデモに参加しているのを見て、わたしはいささか感動した」(94-95)。

「行動すること」そのものがあたかも正しいことをしているかのようにも受け取れるこのくだりは、全共闘時代を懐かしんでいるかのよう。

「日本は原則的に民主主義の国家なのだから、投票で、大貧民を救済する政党に一票を投じればいいのだ」(182)といいながら、階級による革命は否定するあたりが三田のアンビバレンツな立場を露わにしている。マルクスのテーゼは周囲を代えながら自らも変えていくことではなかったのか。

「人間は金銭だけでいきているわけではない。高度経済成長の時代なら、賃上げの要求だけで押し切れたかもしれないが、低成長の時代には、人間の行き方も、別のスタイルにシフトしていかなければならない。そこで重要になるのは、家族や親族、地域の共同体といったものだ」(183)

「郷土にたいする親しみというものは、人間が生きていく上で、生きがいや価値観の基礎を支えることになる。その郷土の延長線上に、日本という国がある。家族を大切にし、郷土を愛し、地方経済を立て直していくことが、国を発展させることにもつながっていく」(187)。三田の視点をあえてラベリングするなら、「国民主義的共産主義」ということになるのだろう。日本という”幻想的な”国民国家を想定して、家族そして地域、さらには国家を同心円的に配置する。戦前の皇国思想と異なるのはその頂点に天皇が存在していないという点だけだ(本書では言及していないだけで三田の想定には存在するのかも知れないが)。

こうした三田批判の分析はいかにも紋切り型と思われるかも知れないが、その立場が大きな矛盾を抱えていることは疑いはない。「いまの若者は消費にだけ目が向いている。生産することの喜びを教えなければならない」(217)。どれだけ就職活動にあくせくし、なかには絶望する学生が大勢いる閉塞したこの国で、文学者の立場でこんな楽天的な具申を平気でできる感覚を尊敬してしまう。

|

June 27, 2011

Millet GTX35

Imgp9987
カメラ運搬兼アウトドア用にMilletのGTX35を購入。ここ2年半くらいはf.64のMBPLを使っていたけど、黒一色でちょっと華やかさとデザインが物足りないことと絶対的な容量がもう少し欲しかったので思い切って購入した。

GTX35の前にいままで愛用してきたMBPLの使い勝手をまず報告。ハッキリ言ってこのバックパックほどコストパフォーマンスに優れる製品はないのではと思う。二気室タイプでインナーボックスに三脚ホルダー、さらにレインカバーまで付いている。ハーネスの類も配置が適切で重い装備で1日歩き回っても疲労度合いは少ないし、両サイドには三脚やドリンクなどを収められるメッシュのポケットが付く。これで量販店でも1万円そこそこなのだから、本当にお買い得なリュックだと思う。このように機能面で申し分はないけれど、デザイン面でちょっと垢抜けないのも事実。せめてカラバリは欲しいところ。

そんなわけで購入したGTX35。カメラバッグ専用として作られたMBPLとは違ってアウトドア用途がメインのGTX35は仕切りのない一気室だけど、MBPLに付いていたインナーケースを底に配置して二気室風に仕立てている。使い勝手の良さを感じるのは背面のファスナーとPCを収めるためのポケットが付くこと。中央のファスナーはメインの気室にアクセスできて、底の方にしまったレンズやストロボを取り出すのに非常に便利。また、背面ファスナーの両サイドはポケットで小物や小銭入れを収めておくためには最適。

Imgp0011PCホルダーはMacBook Proの13インチを収めておくにはジャストサイズ。さすがに裸でここにしまうのは勇気がいるので、ポケットにはケースを収めてそこにMacBookを収納している。カタログにも内部に仕切りがあるとは知らなかったので嬉しい発見。ハーネスは、チェスト部分が若干高くで首が苦しかったりもするのだけど、両肩の紐を伸ばして降ろし気味に背負えば問題はなくなった。

心配事は、撥水性。GTX35にはレインカバーはなく、現状では「HYDRO SYSTEM」というその名の通りのシーリングも撥水剤もしっかりされているけれど、例えば野外フェスなどで長時間雨に打たれるようなシチュエーションだとじわりと浸水しそうな予感がするのも確か。GORE TEXとかのハイテクなレインジャケットでも三日三晩雨に打たれていればイヤが応にも雨も染みこんでくる。てなわけで山登りやフェスにはレインカバーは別途必須と思える。とはいえ、サイズの割には容量が入るのは有り難いところ。なによりもデザインが派手すぎず地味すぎず、なおかつ山登りザックのようなゴツさが無くてスマートなフォルムなのがいい。

|

June 23, 2011

impressive

今日は神戸取材。

スケジュールがタイトだったので、神戸の町を見て歩くひまなど全くないままに新幹線に乗ってしまったわけだけど、名古屋時代にお世話になっていたカメラマンさんと久しぶりに仕事した。彼はルマンの取材などしばらく海外に行っていたそうで、日本のカメラマンとの違いについて語ってくれた。バリピンでカチッとした絵を好む日本人に対して、海外とくに欧米のカメラマンはひたすらエモーショナルで動感を重視するという。

たしかに考えてみれば、自分にとっての「上手い写真」というのはピントがバッチリ来ていて、構図が練られたもの、という先入観が強いけど、印象に残る写真って必ずしもこの条件にあてはまっているわけではない。人びとの心の琴線に触れる写真というのはどういうものかを改めて考えさせられる話だった。

|

June 20, 2011

『WIRED』(Vol.1)を買いました

Imgp7037ちまたで評判の『WIRED』Vol.1を買ってみた。形態としては『GQ JAPAN』の増刊。ページを開くと、純広告にアウディ、アルファにボルボといった輸入車ブランドが名を連ね、さらにデロンギやらダイソンやBell&Rossやら、そしてGoogle(!)が並ぶ。もっともご祝儀出広も少なくないようだけど。

内容はかなりラディカルで、原発問題に端を発する“セーフティ/セキュリティ”が大きなテーマ。しかも誌面のデザインがやたら凝っていて、アート誌を読んでいるかのようだ。

こういうブランドとデザインとオピニオンとアイロニーの接合は『NAVI』とか新潮の『03 ゼロサン TOKYO Calling』とか『Studio Voice』とか、90年代にかけて良くあった形態のように思うが、趣向が多様化して雑誌の専門誌化が進んでいる2010年代にはすごく新鮮。また問題が身近だけに迫ってくるインパクトも大きい。

一方で、この内容からして読み手はかなりセグメントされてしまっている感もあり、商売的にどんな状況かも気になるところ。またちょっと“薄すぎる”のも残念なところ。今年の秋とされている次回の発刊に期待。。

|

June 03, 2011

Sennheiser CX300

Imgp69671SHUREのオーバーヘッドヘッドフォン『SRH440』を愛用しているが、かさばるのと季節
柄暑苦しいのでSennheiserのカナル型『CX300』を購入。さすがにiPodに付属のイヤフォンは聞けたもんじゃないので…。

いきなりのカナル型なので予算はケチって3000円台からチョイスした。で、ファーストインプレッションを。

遮音性はおそろしく良いけど、SRH440の耳に慣れきった自分にとっては低音重視のチューニングがキツい。分解能はかなり低くて、せっかくのロスレスの音源も96kbpsくらいに圧縮された感じに聞こえてちょっとガッカリ。でも慣れたら気にならなくなるんだろうな。自分の耳なんてそんなもんです。

|

« March 2011 | Main | July 2011 »