« impressive | Main | 三田誠広『マルクスの逆襲』集英社新書(2009) »

June 27, 2011

Millet GTX35

Imgp9987
カメラ運搬兼アウトドア用にMilletのGTX35を購入。ここ2年半くらいはf.64のMBPLを使っていたけど、黒一色でちょっと華やかさとデザインが物足りないことと絶対的な容量がもう少し欲しかったので思い切って購入した。

GTX35の前にいままで愛用してきたMBPLの使い勝手をまず報告。ハッキリ言ってこのバックパックほどコストパフォーマンスに優れる製品はないのではと思う。二気室タイプでインナーボックスに三脚ホルダー、さらにレインカバーまで付いている。ハーネスの類も配置が適切で重い装備で1日歩き回っても疲労度合いは少ないし、両サイドには三脚やドリンクなどを収められるメッシュのポケットが付く。これで量販店でも1万円そこそこなのだから、本当にお買い得なリュックだと思う。このように機能面で申し分はないけれど、デザイン面でちょっと垢抜けないのも事実。せめてカラバリは欲しいところ。

そんなわけで購入したGTX35。カメラバッグ専用として作られたMBPLとは違ってアウトドア用途がメインのGTX35は仕切りのない一気室だけど、MBPLに付いていたインナーケースを底に配置して二気室風に仕立てている。使い勝手の良さを感じるのは背面のファスナーとPCを収めるためのポケットが付くこと。中央のファスナーはメインの気室にアクセスできて、底の方にしまったレンズやストロボを取り出すのに非常に便利。また、背面ファスナーの両サイドはポケットで小物や小銭入れを収めておくためには最適。

Imgp0011PCホルダーはMacBook Proの13インチを収めておくにはジャストサイズ。さすがに裸でここにしまうのは勇気がいるので、ポケットにはケースを収めてそこにMacBookを収納している。カタログにも内部に仕切りがあるとは知らなかったので嬉しい発見。ハーネスは、チェスト部分が若干高くで首が苦しかったりもするのだけど、両肩の紐を伸ばして降ろし気味に背負えば問題はなくなった。

心配事は、撥水性。GTX35にはレインカバーはなく、現状では「HYDRO SYSTEM」というその名の通りのシーリングも撥水剤もしっかりされているけれど、例えば野外フェスなどで長時間雨に打たれるようなシチュエーションだとじわりと浸水しそうな予感がするのも確か。GORE TEXとかのハイテクなレインジャケットでも三日三晩雨に打たれていればイヤが応にも雨も染みこんでくる。てなわけで山登りやフェスにはレインカバーは別途必須と思える。とはいえ、サイズの割には容量が入るのは有り難いところ。なによりもデザインが派手すぎず地味すぎず、なおかつ山登りザックのようなゴツさが無くてスマートなフォルムなのがいい。

|

« impressive | Main | 三田誠広『マルクスの逆襲』集英社新書(2009) »