« 東洋経済新報社『Think!』38号 特集「ソーシャルメディアインパクト」 | Main | 『調査報道』2011年7・8月号(TBSテレビ) »

August 14, 2011

映像の世紀

LNHK『映像の世紀』をヒストリーチャンネルで見た。初めて見たのは高校生の時だったから、初放映からもう15年も経っているということにおどろいた。

「ドキュメンタリーは嘘をつく」(森達也)というけれど、たとえそれでも映像の持つ生々しい迫力は疑いようがない。米国兵がベトナム市民の頭を拳銃で撃ち抜くその瞬間であっても、ポル・ポトによる虐殺の現場であっても、どんなに凄惨な場面も命がなくなるその瞬間の映像から目をそらさせようとしない作り手の強烈な意志が見て取れた。最近テレビを買うまでは映画以外の映像メディアから距離を置いていたけれど、改めて見直した次第。

それにしても、この番組を深夜枠でもBSやCSでもなく地上波のプラムタイムに流すというのは、いまじゃ考えられないな。たった15年しか経っていないわけだけど。

|

« 東洋経済新報社『Think!』38号 特集「ソーシャルメディアインパクト」 | Main | 『調査報道』2011年7・8月号(TBSテレビ) »